大洲のK邸

c0112559_12535057.jpg
 梶田商店に隣接した住居。和風の住宅の前に洋館を持つ、昭和初期以前に流行した様式の邸宅です。右には煉瓦造りと思われる古い蔵もありました。木造2階建て。

大洲のK邸
昭和初期
設計・施工 : 不明
大洲市中村564
撮影 : 2012.10.21
c0112559_12541276.jpg
c0112559_12543920.jpg
c0112559_12542847.jpg
c0112559_12545248.jpg
c0112559_1255973.jpg
c0112559_12551956.jpg

by gipsypapa | 2013-08-06 12:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20591567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-08 05:07
かなり立派な門構えで、
これだけ和風の造りなのに、
一室は洋建築にしているんですね。
それだけ、あこがれが強ったのですね。
Commented by gipsypapa at 2013-08-08 13:28
j-garden-hirasato さん、
全国に見かける和館と洋館のコンビです。
当時の洋風文化へのあこがれは
想像以上だったのでしょうね。
その頃は、
大事なお客さんが来ると
奥さんがお出迎え。
玄関から上がっていただいて
すぐに洋間の応接室へご案内。
しばらくすると御主人が現われて
「どうも、どうも・・・」
というやり方でしょうね。(笑)
<< 大洲のS邸 大洲の梶田商店 >>