三津の旧石川医院

c0112559_135281.jpg
 モルタル仕上げの外観の中央にハーフティンバー風のペディメントのある洋風建築。腰の部分は濃いブルーとその上部に褐色を用いたツートンカラーのタイル貼り。玄関を中央ではなく左に配し、非対象にしてアクセントとしています。現在は個人の住宅のようですが、元は医院だった建物です。木造2階建て。

旧石川医院
昭和初期
設計・施工 : 不明
松山市三津2
撮影 : 2012.10.20
c0112559_1352254.jpg
c0112559_1353131.jpg
c0112559_1353878.jpg
c0112559_1354557.jpg
c0112559_1355172.jpg
c0112559_136195.jpg
c0112559_1363158.jpg

by gipsypapa | 2013-07-31 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20568689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-01 06:27
足元のタイルがピカピカです。
ここだけ張り替えたのですね。
浮き具合がおもしろいですが、
もう少し落ち着いたタイルの方が…。
好き勝手言ってます(笑)。
Commented by gipsypapa at 2013-08-01 13:16
j-garden-hirasato さん、
確かにミスマッチ気味です。
どっちかというと銭湯のタイルみたいです。
その辺は個人の趣味もあり
仕方ないですね。
<< 石崎汽船本社 三津の塩元賣捌所倉庫 >>