慶応義塾大学 三田演説館

c0112559_12592854.jpg
 1泊して翌日は慶応義塾大学の三田キャンパスを見て品川から新幹線で帰ることにしました。ここには重要文化財が2棟あります。

 慶應義塾の創立者である福澤諭吉が、明治初期に自らの資金で建設した日本最初の演説会堂。アメリカから取り寄せられた図面をもとに造られたとかで、玄関や窓は洋風でありながら、外観は木造瓦葺になまこ壁といった日本独特の手法が用いられています。建設当初は旧図書館と塾監局の間にあったが、1924年に現在の三田キャンパス南西の稲荷山に移築されたそうです。旧図書館と並んで三田キャンパスのランドマークです。国の重要文化財の木造2階建て。

慶応義塾大学 三田演説館
1875(明治8)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
港区三田2-15-45
撮影 : 2012.9.30
c0112559_12595774.jpg
c0112559_130308.jpg
c0112559_1303770.jpg
c0112559_1304656.jpg
c0112559_1304018.jpg
c0112559_1304830.jpg
c0112559_1311763.jpg
c0112559_1313232.jpg
c0112559_1311632.jpg
c0112559_1315652.jpg

by gipsypapa | 2013-07-16 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20509426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 慶応義塾大学 図書館旧館 インターナショナル・クリニック >>