港区南青山の蔦サロン

c0112559_137586.jpg
 少しだけ東京を。ジプシーバンドのコンサートに行く途中に前を通りました。

 表参道から青山学院沿いに、細い道を南に歩くと蔦のからまる住宅があります。昭和初期に逓信省営繕課技師として活躍した建築家・山田守(1894-1966)の自邸です。

 分離派リーダーの一人としてモダニズム建築を実践。曲面や曲線を多用する、個性的で印象的なデザインの作品を残しました。戦後は山田守建築事務所を設立して、多くのモダニズム建築の名作を生み出しています。

 この住宅は戦後に彼が設計した自邸で、現代建築に通ずるすっきりした外観は優れたデザインといえます。この建物も山田守らしい直線と曲線を組み合わせ、落ち着いた美しい外観。正面左にある半円形に張り出した階段室がピクチャレスクです。1階は蔦珈琲店、2階は展示場として使われています。鉄筋コンクリート造り3階建て。

蔦サロン
旧山田守邸
1959(昭和34)年
設計 : 山田守
施工 : 戸田建設
港区南青山5-11-20
撮影 : 2012.9.30
c0112559_139723.jpg
c0112559_1392310.jpg
c0112559_139204.jpg
c0112559_1392910.jpg
c0112559_1393527.jpg
c0112559_1394798.jpg
c0112559_1395714.jpg
c0112559_1310549.jpg
 登ってきた小道を振り向くと東京タワーが見えました。
by gipsypapa | 2013-07-11 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20488779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by atelier-enpitsu at 2013-07-11 17:38
こんにちは。
いつもいつも、本当に素敵な写真をありがとうございます!!
この喫茶店・・・いいですねぇ。
緑が多くて、このレトロな雰囲気。
ゆったりとお茶が楽しめそうです。行ってみたいなぁ。
次の建物も、楽しみにしてますね♪
Commented by ひろ009 at 2013-07-11 21:18 x
こんにちは。
へぇーっ、山田守ですか!
知りませんでした。
階段室も良さ気ですね。
コーヒーはちょっと高めのようですが、ぜひ一度訪れてみたいです。
Commented by gipsypapa at 2013-07-12 13:14
atelier-enpitsu さん、
蔦サロンがあるところは、
青山学院の東の小道を上ったところにあります。
雰囲気がいい住宅地です。
青山学院にも見たくなる建物が多いので
両方見ていくというのがお勧めです。
Commented by gipsypapa at 2013-07-12 13:17
ひろ009さん、
珈琲は高いですね。
メニューを見るとビールが同じ値段。
ビールがよさそうです。(笑)
青山学院巡りとセットがいいかもしれません。
これからちょっとだけ、
この一角の建物が出てきます。
<< 港区の簡易保険事務センター 網走市立郷土博物館 >>