博物館網走監獄 哨舎

c0112559_1312478.jpg
 明治13年に内務省が制定した図式に基づいて、全国各地の刑務所では、出入り口や作業場などに哨舎という見張所を設けて、外部からの進入や受刑者達の行動を監視していました。

 各刑務所で形は様々でしたが、この哨舎は所内に8か所設置されていました。ここに移築した哨舎は昭和60年頃まで実際に使用されていたものです。


博物館網走監獄哨舎
旧網走刑務所哨舎(移築復原)
1912(明治45)年/1992(平成4)年移築
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
網走市呼人1-1
撮影 : 2012.8.27
c0112559_13124978.jpg
c0112559_13123242.jpg
c0112559_13121296.jpg
c0112559_1312193.jpg
c0112559_13125518.jpg
c0112559_13123359.jpg
 鏡橋入口哨舎、鏡橋出口哨舎、西門哨舎、裏門哨舎の4棟が2012年に国の有形文化財に登録されました。いずれも同じ形なので、撮った写真のどれが何に該当するか、わからなくなりました。

 これで網走監獄を終わり、網走市内を見ます。
by gipsypapa | 2013-07-04 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20457418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-07-06 20:39
設計者の遊び心なのか、
なかなかユニークなデザインです。
キノコみたい。
Commented by gipsypapa at 2013-07-08 14:02
j-garden-hirasato さん、
明治村の赤坂離宮正門哨舎も似ていますが
きのこの形が少し違います。(笑)
http://gipsypapa.exblog.jp/18441573/
<< 能取岬灯台 博物館網走監獄 教誨堂 >>