博物館網走監獄 五翼放射状平屋舎房

c0112559_1258825.jpg
 明治45年から昭和59年まで実際に網走刑務所で使用されていた獄舎です。 中央見張りを中心に、5本の指を放射状に広げたようになっているため、五翼放射状舎房と呼ばれています。

 この建物の特徴は、少人数でも監視しやすいという利点があり、ベルギーのルーヴァン監獄を模したものと言われています。5棟のうち雑居房は収容定員3~5人で126室あり、部屋の広さは、畳6枚敷、独居房は収容定員1人で100室あり、部屋の広さは畳3枚敷、雑居房、独居房合わせて226室で構成されています。c0112559_1301844.jpg

 雑居房の廊下側の壁は、「斜め格子」で等間隔に「スキ間」を置きながら作られているため(ブラインド方式)、廊下側からは部屋の中は見えますが、部屋の中からは廊下をはさんで向かい側の中は互いに見えないように作られています。

 独居房は「くの字格子」で作られており、換気のためのわずかな隙間はありますが、廊下側からも部屋の中からも見えない造りになっています。


博物館網走監獄五翼放射状平屋舎房
旧網走刑務所五翼放射状平屋舎房
1912(明治45)年/1981(昭和56)年移築
登録有形文化財
設計・施工 : 司法省
北海道網走市呼人2-2
撮影 : 2012.8.27
c0112559_1312194.jpg
c0112559_1321348.jpg
c0112559_1321054.jpg
c0112559_1313318.jpg
c0112559_1314189.jpg
c0112559_132153.jpg
c0112559_132885.jpg
c0112559_1325797.jpg
c0112559_1325536.jpg
c0112559_1323452.jpg
c0112559_1331895.jpg
c0112559_1333697.jpg
c0112559_133291.jpg
c0112559_1332385.jpg
c0112559_1341385.jpg
c0112559_1334250.jpg
c0112559_1334294.jpg
c0112559_134127.jpg
 廊下の向こう、房の上部にふんどし一つの男が見えます。
c0112559_134053.jpg
 日本の脱獄王と呼ばれた白鳥由栄の脱獄シーンのマネキン。脱獄魔と呼ばれた男を描いた吉村昭の『破獄』のモデルです。

 戦前、戦後にかけて4度の脱獄を繰り返したとか。青森、秋田に次いで戦時中の1944(昭和19)年、彼が3度目に脱獄したのが、この五翼放射状舎房の第4舎第24房。扉の視察孔の鉄格子を揺すり続けネジをゆるめて外し、天窓を頭突きで破って逃げたそうです。根性あるなぁ。
c0112559_1363773.jpg
c0112559_1372815.jpg
c0112559_1374574.jpg

by gipsypapa | 2013-06-28 13:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20428724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-06-30 06:36
昭和59年までとは、
ずいぶん長い期間、使い続けていたんですね。
施設も老朽化するでしょうし、
時代が下れば、
脱獄も容易にできそうです(笑)。

Commented by gipsypapa at 2013-07-01 09:53
j-garden-hirasato さん、
比較的最近まで使われていたわけです。
明治村にある金沢監獄中央看守所・監房に似た形状ですが、
ここは忠実にすべて移設したようで、
見どころの一つです。
脱獄も今となっては賞賛の対象ですね。
<< 博物館網走監獄 浴場・炭焼小屋 博物館網走監獄 二見ヶ岡農場 >>