斜里町立図書館

c0112559_1391044.jpg
 ウトロ温泉からバスで知床半島の付け根にあるJR知床斜里駅へ。ここでJR釧路線に乗り換えて北見へ移動しました。途中、知床斜里で1時間ほどの待ち時間があったので、ここで一休みです。

 昭和の初めに建てられた役場が、今も図書館として使われています。左右対称の白い外壁にグレイの縦線。間に縦長の窓が整然と並び、中央上部のペディメントの赤い腰折れ屋根が鮮やかで、ハーフティンバーの意匠に小窓があるお洒落なファサードです。

 内部も昔のままのようで、落ち着いた雰囲気の図書館で、しばらくゆっくりさせてもらいました。レトロな洋風建築が少ない道東では、大変貴重な建物なので、大事に使い続けて欲しいものです。木造2階建て。

斜里町立図書館
旧斜里町役場庁舎
1929(昭和4)年
設計 : 伊藤某
施工 : 花輪建設
斜里郡斜里町本町42
撮影 : 2012.8.26
c0112559_13104983.jpg
c0112559_13111050.jpg
c0112559_13113527.jpg
c0112559_13115436.jpg
c0112559_1312898.jpg
c0112559_13121339.jpg
c0112559_1312283.jpg
c0112559_13123077.jpg
c0112559_13124064.jpg
c0112559_13125494.jpg
c0112559_13125565.jpg
c0112559_1313474.jpg
c0112559_13131194.jpg

by gipsypapa | 2013-06-13 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20363740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-06-17 06:49
役場を図書館として転用したんですか。
現役というのがいいですね。
Commented by gipsypapa at 2013-06-17 13:23
j-garden-hirasato さん、
こういう風に使い続けられるのは嬉しいです。
建物もセンスがいい設計ですよね。
実は行った時には入館者は我々だけ。
いつもこうなのかなと
心配になりました。
<< 北見ハッカ記念館 知床半島 >>