北九州市若松区の旧為末病院

c0112559_1071618.jpg
 これも偶然見つけた病院建築。かなり大型の病院で、淡いクリーム色のモルタル仕上げの外壁。腰部分は褐色のスクラッチタイル、玄関周りには白い角型タイルを貼ってアクセントにしています。

 タイルに埋め込まれた「為末病院」とい看板は大理石のようです。左に煙突もあって、全体に昭和初期の雰囲気をよく伝えています。現在は閉鎖されているようです。木造2階建て。

旧為末病院
昭和初期
設計・施工 : 不明
北九州市若松区本町1-12-8
撮影 : 2012.5.20
c0112559_108350.jpg
c0112559_1081498.jpg
c0112559_1082435.jpg
c0112559_1083572.jpg
c0112559_1084515.jpg
c0112559_1085532.jpg

by gipsypapa | 2013-06-06 10:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20329454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-06-09 07:54
現役だったら、
ちょっと通いたくないかも…(笑)。
Commented by gipsypapa at 2013-06-10 13:13
j-garden-hirasato さん、
意識して明るい外観にしたようですが、
病院!という雰囲気は
抜けきらないですね。
<< 旧古河鉱業若松ビル 料亭金鍋本館 >>