南海蛸地蔵駅舎

c0112559_11272378.jpg
 レトロ建築で有名な南海本線の蛸地蔵駅舎。この駅の近くの天性寺境内に、地蔵堂としては日本一大きいと言われる蛸地蔵があるのでこの駅名になっています。大正末期に建てられた、屋根が折れ曲がった妻面を正面と左右に見せた洋風の駅舎です。

 有名なのはステンドグラス。戦国時代に岸和田城主と根来・雑賀衆の岸和田合戦(1584年)で、海中から現れた数千匹の蛸が、大蛸にまたがった法師と共に適を退散させたという伝説をステンドグラスの模様にしています。木造平屋建て。

南海蛸地蔵駅舎
1925(大正14)年
設計 : 南海電気鉄道
施工 : 不明
岸和田市岸城町16-1
撮影 ; 2012.5.5
c0112559_11273397.jpg
c0112559_11281738.jpg
c0112559_11271579.jpg
c0112559_11272558.jpg
c0112559_11272720.jpg
c0112559_1128682.jpg
c0112559_1127431.jpg
c0112559_11275512.jpg
c0112559_1128269.jpg
c0112559_11281015.jpg
c0112559_11281122.jpg
c0112559_11281734.jpg
c0112559_11282648.jpg
c0112559_11294522.jpg

by gipsypapa | 2013-05-23 11:29 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20253338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakajimaakira1948 at 2013-05-23 12:00
gipsypapa さん、こんにちは!
ステンドグラスの絵の2枚目、タコが人間をやっつけている図 ええですね。

タコぶつやら タコ焼きばっかり食べていると いつか逆襲に合いそうです。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-05-24 06:46
こういう小さな駅舎でも、
当初にちゃんと建てておけば、
長く維持できるということですね。
ステンドグラスも施され、
気合を感じます。
Commented by gipsypapa at 2013-05-24 13:04
nakajimaakira1948 さん、
タコ酢の季節になりました。
とはいえすっぱいものは駄目でしたか。
タコは明石、イカは呼子がよろしいです。
ところでまたカメラを買いましたね。
ミラーレスにアダプターまで付けて
望遠レンズで撮る
というのは矛盾してません?(笑)
Commented by gipsypapa at 2013-05-24 13:12
j-garden-hirasato さん、
現代の駅舎は無味乾燥ですが、
この頃のは色気かあります。
南海電鉄には
このほかにもステンドグラスのある
レトロな駅舎が残っています。
高師浜や諏訪ノ森の駅舎で
いずれも大正期に建てられたものです。
すでに見に行きましたが
アップは順番待ちで
いつになるやら・・・
ステンドグラスはありませんが
辰野金吾設計の浜寺公園(明治40)年が
最も有名です。
Commented by kafe3232 at 2013-05-31 23:07
内部から見るとはっきりステンドグラスが見えてきれいですね・・・
天井も素敵で、
こんな駅を利用している人、
嬉しいことですね(^-^)
Commented by gipsypapa at 2013-06-03 09:54
kafe3232 さん、
小さな駅でもこういうひねりがあると楽しいです。
↑ に書きましたが
南海電鉄にはこういうお洒落な駅がいくつかありますよ。
<< 水間鉄道 水間観音駅 日本聖公会岸和田復活教会 >>