日本聖公会岸和田復活教会

c0112559_14194782.jpg
 閑静な住宅街に教会があります。煉瓦塀の向こうには牧師館のような、庭が美しい住宅があり、向こうに十字架のある青い尖塔が見えます。さらに横の坂道を府道39号線に向かって東に下ると、もう一つ赤いとんがり屋根の小さな聖堂。

 ネット情報では、大正期の聖堂の旧部材を利用して、1942(昭和17)年に現在地に移転したとあります。多分、前半の住宅のような建物がそうだと思いますが、どちらの建物が大正期のものだったのか、結局はっきりとはしませんでした。いずれも木造平屋建て。

日本聖公会岸和田復活教会
1921(大正10)年
設計・施工 : 不明
岸和田市岸城町3-4
撮影 ; 2012.5.5
c0112559_14222199.jpg
c0112559_14215395.jpg
c0112559_14213687.jpg
c0112559_14214220.jpg
c0112559_142220100.jpg
 坂を下ると、美しい洋風の庭園があって・・・
c0112559_14231816.jpg
c0112559_14241276.jpg
c0112559_14243225.jpg
c0112559_14233931.jpg
 鮮やかな赤いとんがり屋根の小さな聖堂がありました。
by gipsypapa | 2013-05-22 14:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20248453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-05-23 06:57
日本では、
こういう住宅地内の教会って、
違和感がありませんが、
ヨーロッパにはないんでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2013-05-23 11:37
j-garden-hirasato さん、
ヨーロッパでは見かけませんね。
聖公会はイギリス発祥のはずです。
アメリカのプロテスタントの教会なら
こういう雰囲気の教会もありそうですが・・・
<< 南海蛸地蔵駅舎 岸和田市立自泉会館 >>