近畿大阪銀行岸和田支店

c0112559_13341637.jpg
 西田クリニックから駅前通商店街のアーケードに入ると、すぐ右側にある銀行。昭和初期に交野無尽金融岸和田支店として建てられ、現在も銀行として使われています。

1階は白い石造り風のモルタル仕上げ、上部は煉瓦タイル貼りです。入口はベイス(飾り壺)とギリシャ風の持ち送りが左右にあり、小さいながら銀行らしさを出しています。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

近畿大阪銀行岸和田支店
旧交野無尽金融岸和田支店
昭和初期
設計 : 不明
施工 : 大林組
岸和田市宮本町2-5 
撮影 ; 2012.5.5
c0112559_13344097.jpg
c0112559_13345392.jpg
c0112559_1335470.jpg
c0112559_13351279.jpg
 アーケードに隠れていますが、最初の写真で3階建てであることがわかります。
by gipsypapa | 2013-05-08 13:37 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20047292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kafe3232 at 2013-05-08 20:41
銀行建築、やっぱりお金がかかっているせいか、
重厚さもあり、頑丈なのか、
残っているものが多いですよね・・・
Commented by j-garden-hirasato at 2013-05-09 06:41
アーケードが架けられていたり、
前に看板が置いてあったりで、
ちょっと残念な状況ですが、
建物は銀行建築らしく重厚ですね。
でも、
上部の石張りがタイル風になっていて、
お洒落な感じがします。
Commented by gipsypapa at 2013-05-09 13:15
kafe3232 さん、
銀行は各地にちゃんと残っていますね。
特に昭和初期以前の銀行は
ずいぶんお金をかけた
頑丈で重厚なのが多いです。
Commented by gipsypapa at 2013-05-09 13:17
j-garden-hirasato さん、
小ぶりですが立派な銀行建築ですね。
重厚さと軽快感も感じます。
設計は誰かはわかりませんでしたが
大林組のセンスのいい人の設計でしょう。
<< 岸和田のO邸 岸和田の西田クリニック >>