四国学院大学2号館

c0112559_1391243.jpg
 善通寺は今でも市街地近くには陸上自衛隊の旅団司令部や駐屯地が配置されていますが、明治時代から帝国陸軍の師団が置かれていた軍都だったので、当時の建物が残っています。

この建物は旧陸軍第11師団の兵舎だったもので、今は四国学院大学の校舎として使われています。南側中央に1本石によるロマネスク風の大オーダーと大振りなペディメントの玄関ポーチが特徴です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

四国学院大学2号館
旧陸軍第11師団兵舎棟
1897(明治30)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市文京町3-2-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_13105161.jpg
c0112559_13103019.jpg
c0112559_13103751.jpg
c0112559_13104432.jpg
c0112559_13112218.jpg
c0112559_1311176.jpg
c0112559_13115141.jpg

by gipsypapa | 2013-04-26 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19903744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-04-28 21:45
こういう建物は、
軍部より、
学術系の施設が似合いますね。
Commented by gipsypapa at 2013-04-30 13:04
j-garden-hirasato さん、
善通寺にはまだまだ陸軍の建物が残っています。
歴史を伝えていますね。
<< 善通寺の磯野家住宅 善通寺の水尾写真館 >>