善通寺市郷土博物館

c0112559_13445483.jpg
 偕行社(かいこうしゃ)は戦前には旧大日本帝国陸軍将校・陸軍将校生徒・陸軍高等文官の、戦後はそのまま陸上自衛隊・航空自衛隊幹部自衛官の親睦組織です。全国には戦災を免れた偕行社の社交倶楽部がいくつか残っていて、いずれもレトロ建築としては有名で、これはその一つです。現在は善通寺市立郷土館になっています。

 ちなみに他には主なものとして旭川市の旧旭川偕行社(第7師団)、弘前市の旧弘前偕行社(第8師団)、金沢市の旧金沢偕行社(第9師団)、豊橋市の旧豊橋偕行社(第15師団)、岡山市の旧岡山偕行社(第17師団)などが現存しています。

 建物は東西に長い平屋建てで,北側正面の中央に大きく張り出した玄関ポーチがあり、南には芝庭が広がっています。内部も見学が可能で、玄関の左右に同形式の応接室、廊下を挟んで南側中央に大広間,東端に南北二室の貴賓室,西端に食堂とうい構成。

 簡明なルネサンス様式の意匠でまとめられた洋風建築で,陸軍省営繕組織の確立期における建築作品の作風をよく伝える貴重な遺構として国の重要文化財に指定されています。木造平屋建て。

善通寺市郷土博物館
旧陸軍第11師団偕行社
1903(明治36)年ころ
重要文化財
設計 : 陸軍省営繕組織
施工 : 北村宗八
善通寺市文京町2-1-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1346289.jpg
c0112559_13462133.jpg
c0112559_13463091.jpg
c0112559_1346361.jpg
c0112559_13465447.jpg
c0112559_13465286.jpg
c0112559_1347011.jpg
c0112559_13472479.jpg
c0112559_13471535.jpg
c0112559_13472521.jpg
c0112559_1347364.jpg
c0112559_1347465.jpg
c0112559_13481132.jpg
c0112559_1348590.jpg
c0112559_13481382.jpg
c0112559_1348211.jpg
c0112559_13483056.jpg

by gipsypapa | 2013-04-23 13:50 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19885135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2013-10-03 13:55
タイトル : 白隠画風、和みと迫力 大洲で禅画展
迫力とユーモアに満ちた禅画で人気が高い白隠(1685〜1768年)の第一級作品であることが昨年判明した愛媛県大洲市内の「布袋吹於福図」などを公開する「白隠とその門下の禅画展」が1日、大洲市立博物館で始まった。12月23日まで。無料。... more
<< 善通寺の大川家住宅 善通寺の瀬川酒店 >>