多度津町の理容しおやま

c0112559_138029.jpg
 本通の北側の東浜にある現役の床屋さん。古さを感じませんが、ネット情報によると昭和初期に建てられたものだそうです。木造2階建て。

理容しおやま
1935(昭和10)年
設計・施工 : 不明
香川県仲多度郡多度津町東浜1-11
撮影 : 2012.2.26
c0112559_1385052.jpg
c0112559_1385819.jpg

by gipsypapa | 2013-03-26 13:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19736556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-03-29 06:46
廻る理髪店の看板も
とてもレトロです。
昔から、クルクル回していたんですね。
Commented by gipsypapa at 2013-03-29 13:15
j-garden-hirasato さん、
あの廻る床屋さんのトレードマークはいいですね。
ネット情報では
「三色ねじり棒(看板)の赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表し、1540年頃、パリの外科医メヤーナキールが創案し、彼の医院の看板に用いたのが始まりです。その後、理髪店でも用いる様になり、日本では東京 常磐橋の側に在った、「西洋風髪剪所(かみはさみしょ、経営は川名浪吉さん)」で、明治4年に用いたのが最初です。」
とのことでした。
<< 多度津町の旧清水温泉 多度津町家中の陣屋 >>