多度津町のD邸

c0112559_1455460.jpg
JR多度津駅前にある洋館。2階部分にハーフティバーの妻面を見せる住宅建築で、ベランダとその持ち送りの形にレトロ感を感じます。木造2階建て。

D邸
1928(昭和3)年ころ
設計・施工 : 不明
仲多度郡多度津町栄町3
撮影 : 2012.2.26
c0112559_1463557.jpg
c0112559_1464455.jpg

by gipsypapa | 2013-03-20 14:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19701715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-03-20 21:23
肩ひじ張らずにお住まいなんでしょうね。
素敵なことです。
こういう自然体がいいなあ。
Commented by gipsypapa at 2013-03-25 13:37
j-garden-hirasato さん
レトロでお洒落な住宅建築ですが、
普通に使い続けられているようです。
駅前の一等地です。
<< 多度津町家中の陣屋 JR多度津駅給水塔 >>