四国村 異人館

c0112559_13214140.jpg
 四国村を見終わって出たところに喫茶店「異人館」があります。名前のとおり、もとは神戸市北野町の異人館街にあった洋館を移設したものです。

 明治時代に神戸に建てられた英国人ワサ・ダウン氏の邸宅を移転したものをティーハウスとして改装。店内にはすべてイギリスから取りよせた1世紀半ほど前のビクトリア王朝時代の家具や調度品が並び、優雅な雰囲気があります。

 下見板張のベランダ・コロニアル住宅。正面1階ベランダは吹き放ちですが、2階のベランダにはガラス戸を建てています。明治期の異人館の特徴をよく伝える、国の登録有形文化財の木造2階建て。

四国村 異人館
旧ワサ・ダウン住宅
1905(明治38)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
高松市屋島中町91 四国村
撮影 : 2012.2.25
c0112559_13225495.jpg
c0112559_1323054.jpg
c0112559_1323947.jpg
 村の出口の手前に、この建物の両開きの出入口がありますが、ここは2階です。
c0112559_132415.jpg
c0112559_132494.jpg
c0112559_13241847.jpg
c0112559_1324262.jpg
c0112559_13243372.jpg
 前庭にある石造りの長椅子。下で支える2頭の獅子がしんどそう。それに比べて上に乗ってベロを出してアッカンベーしている2頭の怪物は生意気。(^^)
c0112559_1325986.jpg
c0112559_13251899.jpg
 ポストも電話ボックスもロンドンしています。
c0112559_1325465.jpg
c0112559_13255693.jpg
c0112559_1326573.jpg
c0112559_13261617.jpg
c0112559_13262267.jpg
c0112559_13263144.jpg
c0112559_13263927.jpg
c0112559_13264976.jpg
c0112559_13265924.jpg
c0112559_1327722.jpg
 意外にお客さんが少なかった店内。うどんのわらやは混んでいたのに。しかしおかげでゆったり過ごせました。
c0112559_13274137.jpg
 これで四国村を終わります。高松市内に1泊し、翌日はさらに西へ移動しました。
by gipsypapa | 2013-03-14 13:30 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19659380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-03-15 07:09
神戸の洋館もありますか。
確かに、
四国村の中では、
ちょっと異質な雰囲気ですね。
レトロなポストと電話ボックスも素敵です。
Commented by gipsypapa at 2013-03-15 14:52
j-garden-hirasato さん
洋館好きにとっては
やっとここまで来たという感じでした。
ずいぶん田舎を回ってきた気がします。
全部は紹介できませんでしたが
家具なども英国の一流品が
置いてありました。
Commented by miffitea at 2013-03-16 21:24
ごんばんは、
見ごたえのあるお写真ですね。
神戸北野の異人館からの移設ですか。。
北野はよく行きました。
ランチも美味しいし、スイーツも美味しいところが沢山あるので。

真っ赤なポストがイギリス、イギリスしてるわ〜
さらに長椅子が可笑しい♪
ほんと、獅子さんしんどそう、上の怪物はアカンベ〜
やっぱり獅子さん損してる。。。ね。
館内が綺麗でビックリです。
Commented by gipsypapa at 2013-03-18 10:35
miffitea さん
北野は何回か行きました。
お洒落な町で好きですが、
建物の内部に入るのが有料で、
しかも高いのが不満です。(笑)
横浜は市のポリシーでしょうが、
ほとんど無料です。
また行くとしたら横浜かな。

ここは和風の古民家が並ぶ四国村では
特別の場所でした。
長椅子は可笑しいでしょう?
日本でいえば仁王さんに踏まれる天邪鬼?
こういう遊び心はいいですね。
<< 香川県の多度津町 四国村 旧吉野家住宅 >>