四国村 小豆島北浦村の石蔵と潟元消防組第四部新馬場消防屯所

c0112559_13131598.jpg
 二つ並んで建っている建物。もともと並んで建っていたものではありませんが、分けて撮影できないほど近接しています。

小豆島北浦村の石蔵

文化庁の解説文。

もと小豆郡土庄町北浦に所在。北浦出身で大阪に出て成功した藤原兵太郎が村に寄贈する公債類を保管するために建設したと伝えるユニークな金庫的建築。御影石の切石積で、刳型付きのコーニスを回し、正面に両開き鉄扉とムクリ破風状の鉄庇を付ける。

四国村 小豆島北浦村の石蔵
1915(大正4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
高松市屋島中町91 四国村
撮影 : 2012.2.25
c0112559_13144447.jpg
c0112559_13145170.jpg
c0112559_1315062.jpg
c0112559_13151595.jpg

潟元消防組第四部新馬場消防屯所
c0112559_1316403.jpg
文化庁のホームページより。

 もとは地元の屋島中町新馬場に所在した消防車庫。木造、平屋建、桁行2間梁行1間半の規模で、寄棟造、瓦葺、妻入とする。外周3面は縦板張りで、正面に幅一杯の上半分を連子にした両開き戸を付ける。小規模ながら端整な姿形をした消防車庫である。

四国村 潟元消防組第四部新馬場消防屯所
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
高松市屋島中町91 四国村
撮影 : 2012.2.25
c0112559_13175637.jpg
c0112559_1318488.jpg
c0112559_13181277.jpg

by gipsypapa | 2013-03-08 13:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19626789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-03-11 06:27
こういう小さな建物って、
なかなかいい状態では残っていないように思いますが、
よく残っていましたね。
Commented by gipsypapa at 2013-03-11 10:51
j-garden-hirasato さん
こういう建物博物館の設立を担当した人たちは
どういう調査をして
残すものを決めたのでしょうね。
四国を中心にしているとはいえ、
これだけのものを探すのは
大変な手間だったでしょう。
<< 四国村 前田家土蔵・座敷 四国村 醤油蔵・麹室 >>