四国村 旧鍋島燈台退息所

c0112559_13232272.jpg
 香川県坂出市与島町鍋島ににあった燈台退息所。鍋島燈台は神戸・長崎間航路にある瀬戸内海の小島に位置し、明治5年(1872)に初点灯。この外国人灯台守用の宿舎は翌6年に竣工しました。昭和30年(1955)頃までは、本来の灯台守用宿舎として使用されましたが、その後は海上保安本部の通信施設として使われたそうです。

 この建物も設計はブラントンの指導によるものとされ、寄棟造、桟瓦葺の正面に6本の素朴なトスカナ式列柱のベランダがあります。

 建壁は巨大で荒々しい石を積んでいます。間取りは外国人用になっていて、中廊下式。暖炉のある部屋、畳敷きの部屋などがあります。外側に浴室や便所などが張り出しており、付属の物置も同様の石造り。ヨーロッパにあるような本格的な石造建築で、正面に円柱列を建てるなど、洋式燈台の黎明期をよく残した貴重な建物です。国の登録有形文化財の石造り平屋建て。

四国村 旧鍋島燈台退息所
1873(明治6)年
登録有形文化財
設計 : R・H・ブラントン
施工 : 不明
高松市屋島中町91 四国村
撮影 : 2012.2.25
c0112559_13252385.jpg
c0112559_13253932.jpg
c0112559_1325398.jpg
c0112559_13255434.jpg
c0112559_1326277.jpg
c0112559_13261137.jpg
c0112559_13262149.jpg
c0112559_13262242.jpg
c0112559_13263239.jpg
c0112559_13264958.jpg

by gipsypapa | 2013-02-21 13:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19339744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-02-22 06:35
燈台退息所が並んで建てられているんですね。
同じような造りですが、
表面の石材の処理の違いで、
雰囲気が違って見えるのが、
面白いですね。
Commented by gipsypapa at 2013-02-22 11:17
j-gardeni-hirasato さん、
そうですね、遠くから見たら似ていますが
江崎燈台の方は面を切りそろえて、
こっちは仕上げてないので、
近くで見ると違いがはっきりします。
<< 四国村 旧クダコ島燈台退息所 四国村 旧江埼燈台退息所 >>