四国村ギャラリー

c0112559_13304780.jpg
 いわゆる古民家を見てきましたが、こちらは超現代的な建物。もちろん新しい建築物です。

 四国村一番の高台に建つ「四国村ギャラリー」は、四国村創設者の加藤達雄が収集した美術品を展示する美術館として、安藤忠雄の設計により2002年に開館しました。c0112559_1335044.jpg

 比較的小ぶりな美術館で、かつ展示品もそれほど多くはありませんが、ピカソ、ボナール、ルノアール、ドガらフランス近現代絵画や、インドや中国の彫刻・仏像・青銅器・書など幅広い美術品が展示されていました。

 見どころは、美術館のバルコニーから見下ろす「水景庭園」。こちらも安藤忠雄の設計の設計と思われます。残念ながら訪ねたときは2月末。村の入場者とはほとんど出会わず、貸し切り状態で、ゆったり見ることができましたが、一方、緑が多ければもっと景色を楽しめたと思います。

 鉄筋コンクリート造り、建物は内外ともコンクリート打放しの地下2階、地上1階建て。

四国村ギャラリー
2002(平成14)年
設計 : 安藤忠雄
施工 : 藤木工務店四国支社
撮影 : 2012.2.25
c0112559_13315428.jpg
c0112559_1332376.jpg
c0112559_13321280.jpg
c0112559_13322137.jpg
c0112559_13323198.jpg
c0112559_13324191.jpg
c0112559_13325045.jpg
c0112559_1333045.jpg
c0112559_13331025.jpg
c0112559_13332093.jpg
 ちなみに四国村の入村料は800円、ギャラリー入場料が500円ですが、村の入口でセット券を買えば1000円でギャラリーでの美術鑑賞と水景庭園の散策ができます。
by gipsypapa | 2013-02-15 13:35 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19270737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-02-17 20:08
安藤さんの作品ですか。
いろんな所で仕事をされていますね。
「水景庭園」の設計も安藤さんでしょうか。
ベンチもそうでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2013-02-18 13:36
j-garden-hirasato さん
安藤さんの建築は
私のブログにも少しだけ出てきましたが、
mini-mini32 さんのにもいくつかありました。
いずれも美術館だったと思います。
水景庭園については、
造園家が絡んでいるのではと思って、
いろいろ調べましたが、
そういう名前を見つけられなかったので、
安藤さんの設計じゃないでしょうか。
ベンチについては
さすがにわかりません。
Commented by kafe3232 at 2013-02-20 22:57
あ!!!!
安藤忠雄ですか・・・
これは知りませんでした・・・
是非行きたいな・・・
安藤建築ちょっと詳しいですよ~~~~(笑)
でも、ほんと行かなくっちゃ・・・(^-^)
Commented by gipsypapa at 2013-02-21 10:28
kafe3232 さん、
いくつか見せてもらった
安藤さんの美術館と共通点がありますね。
安藤建築通なのですね。(笑)
四国村はkafe3232さんのところから
車で日帰り出来るでしょうね。
季節がよいときに一度どうぞ。
最初に紹介したうどんと、
このシリーズの最後に出てくるティールームは
趣味に合うと思います。
<< 四国村 南予の茶堂 四国村 砂糖しめ小屋(2棟)、釜屋 >>