日本基督教団倉敷教会

c0112559_13544693.jpg
 もう一つの西村伊作の作品、日本基督教団倉敷教会教会堂。倉敷教会は、大原孫三郎らが役員となり、1906(明治39)年に設立されました。

 教会堂は切妻造りスレート葺で、東南隅に塔屋を付設。3階建てのファサードを通りに向け、背後に2階建ての礼拝堂があります。左右非対称の建物配置に石積みのスロープが二階にある礼拝堂の入口へと導く構造で、驚くほどに印象的な外観をしています。

 1階部分と塔屋の外壁を木骨コンクリートの石貼りにして、塔屋や4つ並んだ礼拝堂の窓の張出部に鋭角の切妻屋根を見せます。重厚な石貼りと白い木造部分の外壁に、軽快な印象のある尖塔アーチ窓の組み合わせが独特の調和をもたらしていて、当時の教会建築のとは一線を画した斬新な意匠です。

 別際太陽「日本の教会をたずねて」にこの教会が紹介されています。国の登録有形文化財の木造、一部木骨コンクリート造り、2/3階建て、塔屋付。

日本基督教団倉敷教会
1923(大正12)年
登録有形文化財
設計 : 西村伊作
施工 : 藤木工務店
倉敷市鶴形1-5-15
撮影 : 2011.12.4
c0112559_135631.jpg
c0112559_13561134.jpg
c0112559_13561797.jpg
c0112559_13562451.jpg
c0112559_13563011.jpg
c0112559_13564067.jpg
c0112559_13565134.jpg
c0112559_13565377.jpg
c0112559_13571081.jpg
c0112559_13571861.jpg
c0112559_13572622.jpg
 向って右側にある4階建ては1971(昭和46)年築の倉敷キリスト会館。
c0112559_13583544.jpg
 西村伊作は多彩な芸術家で教育家でもあるため、建築作品は多くはありませんが、倉敷市郊外と生まれ故郷の和歌山県新宮市にそれぞれ3棟、兵庫と東京に各1棟の住宅建築。那智勝浦に日本基督教団紀南教会、東京に文化学院本館などが現存しています。いつか機会があれば訪ねてみたいです。

 さらにもう一つ、藤木工務店について。
倉敷シリーズでは一連の薬師寺主計や西村伊作設計の建物の施工を担当しているので何度も出てきました。調べてみるとこの会社は1920(大正9)年の創業で、ホームページの実績表を見ると、渡辺節、関根要太郎、長野宇平治、小川安一郎、笹川槙一、長谷部竹腰建築事務所など、そうそうたる建築家の作品を数多く手がけた、現在も現役の工務店です。HPにある同社の歴史は建築ファンには一読の価値があります。  
by gipsypapa | 2013-01-25 14:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19182250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-01-28 06:45
独特な構成ですね。
外壁にも変化があって、
実に楽しい建物です。
でも、
このデザインを見て、
教会関係者は、
当時、どう思ったのでしょうね。
もう少し、らしいものを求めていたのでは(笑)。
Commented by gipsypapa at 2013-01-28 14:13
j-garden-hirasato さん
当時は驚いたでしょう。
一般的なプロテスタント系の教会は
シンプルで質素なのが多いので
かなり特殊な例と言えます。
これも倉敷紡績の大原氏などの経済力が
バックにあったからでしょうね。
<< 倉敷のえびす湯 若竹の園保育園舎 幼児保育棟 >>