倉敷館

c0112559_1355194.jpg
 美観地区、倉敷川が折れ曲がった位置で中橋の前にある貴重な文化財。倉敷町役場として建てられ、長く使われた洋館です。

 白い下見板貼りの2階建ての洋館で、角にそびえ立つ独特な形状の角塔ドームが印象的。屋根は瓦葺き一部銅板葺き。大正レトロの香りがする建物です。現在は無料の観光案内所・休憩所「倉敷館」として使われています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

倉敷館
旧倉敷町役場
1916(大正5)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
倉敷市中央1-4-8
撮影 : 2011.12.3 & 4
c0112559_1363430.jpg
c0112559_1363714.jpg
c0112559_1364926.jpg
c0112559_1365014.jpg
c0112559_137175.jpg
c0112559_1371162.jpg
c0112559_1372092.jpg
c0112559_1372846.jpg
c0112559_1373581.jpg
c0112559_137439.jpg
解体の危機もありましたが、市民から保存の声が上がり、観光案内所・休憩所に再生されたそうです。
by gipsypapa | 2013-01-10 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19115693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 倉敷川の中橋 倉敷の北田証券株式会社 >>