香風園 「翠松閣・時雨亭」

c0112559_13163266.jpg
 香風園(こうふうえん)は,明治41年から43年にかけて坂出市の旧家、政財界で活躍し、先の鎌田共済会郷土博物館で紹介した鎌田勝太郎氏が1908(明治41)年から3年かけて、別邸として造った家屋と庭園。昭和30年に坂出市が買受け、公園として広く市民に開放されています。中央に池を配した池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園と芝生広場を中心とした洋風庭園が造られていて,和と洋の文化を楽しむことができます。

香風園 「翠松閣・時雨亭」
1910(明治43)年
坂出市指定文化財(名勝)
設計・施工 : 不明
香川県坂出市本町1-3489-2
撮影 : 2011.11.26
c0112559_13204930.jpg
c0112559_13205637.jpg
c0112559_13212733.jpg
c0112559_13211324.jpg
 
c0112559_13221062.jpg
 向って左が瓦葺き2階建ての翠松閣(すいしょうかく)、右はかや葺き平屋建ての時雨亭(じうてい)。いずれも茶室として使用されています。
c0112559_13215575.jpg

by gipsypapa | 2012-12-27 13:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/19054665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-12-30 07:28
何か聞いたことのある名前だなあ、
と思ったら、
以前、
出張で四国に行ったとき、
寄ったことがありました。
そういう記憶も薄れてきており…(笑)。
庭園というより、
公園の色合いが強い整備がされていました。
Commented by gipsypapa at 2013-01-01 17:05
j-garden-hirasato さん
ほう~!奇遇ですね。(^^)
結構マイナーな場所だと思いますが、
さすがに庭園があるところには出没ですね。
確かにここは子供が遊んでいたりして
公園の感じが強かったです。
<< 讃岐醤油画資料館 鎌田共済会郷土博物館 >>