豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬太聖堂

c0112559_13454891.jpg
 豊橋市のもう一つのお目当て、豊橋ハリストス正教会。豊橋市公会堂から吉田城跡である豊橋公園の横の道を行ってすぐのところにあります。

 この日は快晴。まぶしいほどに真っ白な下見板張の外壁に銅板葺の屋根。玄関上部に尖頭屋根とクーポラを戴く八角形平面の鐘塔を持つ、典型的なハリストス正教会です。平面形状が、西から東へ、玄関、啓蒙所、聖所、至聖所を一直線に並ぶのは、ハリストス正教会聖堂に共通する形式だとか。細部は開口部上部の台形と山形の破風。玄関ポーチの柱は幾何学的立体の組合せたくびれ柱の独特な意匠です。

 設計は明治・大正期の建築家であり、ハリストス正教会副輔祭で、主に日本正教会の聖堂の設計と建築を行ったモイセイ河村伊蔵(かわむら いぞう、モイセイ」は聖名1860 - 1940)。他に函館ハリストス正教会聖堂、白河ハリストス正教会聖堂、釧路ハリストス正教会の旧聖堂(現存せず)などの設計・建築監督を手がけました。国の重要文化財と愛知県指定文化財の木造平屋建て、正面八角鐘楼付、銅板葺、聖障付き。

豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬太聖堂
1913(大正2)年
重要文化財
愛知県指定文化財
設計 : 河村伊蔵
施工 : 中神組
豊橋市八町通3-15
撮影 : 2011.9.23
c0112559_13475037.jpg
c0112559_13475823.jpg
c0112559_1348527.jpg
c0112559_13482943.jpg
c0112559_13483697.jpg
c0112559_1348303.jpg
c0112559_13485714.jpg
c0112559_13484976.jpg

by gipsypapa | 2012-12-11 13:51 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18988033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 哲建ルンバ at 2016-09-14 15:56
タイトル : 豊橋ハリストス正教会・聖使徒福音記者マトフェイ聖堂(愛知..
[第264回]日本の教会建築(15)    ロシア正教会の教会堂としては、東京の御茶ノ水にある「ニコライ堂」が有名で、ロシア正教会の信徒でなくとも、御茶ノ水に行った時に、その外観は多くの人間が見て来ていると思う。 かつては、そこで、ロシア語講座が開催されていたが、今はなくなった一方で、特に信徒でなくても、内部も見学させてもらえるようになったようだ。〔《東京復活大聖堂 ニコライ堂 聖堂拝観(見学)のご案内》http://nikolaido.jp/seido-haikan.html 〕  ...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2012-12-13 06:35
天に向かって、
ニョキッと伸びていくようで、
勢いのようなものを感じますね。
青空を背景に、
白壁が映えます。
Commented by gipsypapa at 2012-12-13 13:11
j-garden-hirasato さん
何しろ天気がよかったので、
まっ白です。
本当は中も見たかったのですが、
この日は休日とはいえ金曜日。
閉まっていました。
日曜日なら入れたと思いますが
しかたがないです。
<< 百十四銀行高松支店 豊橋市公会堂 >>