中京銀行豊橋支店

c0112559_13105461.jpg
 明治村を見て、名古屋に1泊。翌朝少し遠回りして豊橋市に立ち寄ることにしました。お目当ての豊橋公会堂と豊橋ハリストス正教会へ行く途中、小さな銀行建築の前を通りました。

 外観からは古さを感じませんが、昭和2年に建てられた銀行です。名古屋銀行豊橋支店から始まり、戦後は宝無尽豊橋出張所、東海銀行など一貫して銀行として使用され、現在の中京銀行豊橋支店になっています。

 銀行建築ですが、列柱や古典様式的要素がないので、権威的な感じを受けず、すっきりした現代的な印象です。列柱の代わりに彫りを深くした玄関や窓周りが銀行らしさを表現しています。鉄筋コンクリート造り2階建て。

中京銀行豊橋支店
旧名古屋銀行豊橋支店
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
豊橋市札木町70
撮影 : 2011.9.23
c0112559_13115038.jpg
c0112559_13115763.jpg
c0112559_13115525.jpg

by gipsypapa | 2012-12-06 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18964996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-12-07 06:25
真っ白ですね。
表面を洗浄したんでしょうか。
こんな綺麗になるんですね。
昭和初期の建物には、
とても見えません。
Commented by gipsypapa at 2012-12-07 13:09
j-garden-hirasato さん
白さがちょっと不自然かもです。
最近塗装をやり替えたのではないでしょうか。
ちょっと見、新しい銀行に見えますね。
<< 豊橋市公会堂 博物館明治村 帝国ホテル中央玄関 >>