博物館明治村 帝国ホテル中央玄関

c0112559_13132066.jpg
 この建物は、20世紀建築界の巨匠、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計され、大正12年(1923)4年間の大工事の後に完成した帝国ホテルの中央玄関部である。

皇居を正面にして建てられた帝国ホテルは総面積34,000㎡余の大建築で、中心軸上に玄関、大食堂、劇場などの公共部分が列ねられ、左右に客室棟が配されていた。全体計画から個々の客室に到るまで、きわめて多様な秀れた空間構成がなされ、それまでの建築空間が主として平面的なつながりであったものを、立体的な構成へと発展させた世界的に重要な作品である。

 この中央玄関は、建物の特色をよく遺しており、軒や手摺の白い大谷石の帯が水平線を強調し、またその帯が奥へ幾段にも重なって、内部空間の複雑さを予想させる。大谷石には幾何学模様の彫刻を施し、レンガには櫛目を入れて、柔らかで華麗な外観を現出している。

 レンガ型枠鉄筋コンクリート造とも言える構造であり、複雑な架構に鉄筋コンクリートの造形性が生かされた作品である。移築に当たっては、風化の著しい大谷石に代えてプレキャストコンクリートなどの新建材も使った。

 メインロビー中央には三階までの吹き抜きがある。中央玄関内の全ての空間は、この吹き抜きの廻りに展開し、その個々の空間は、床の高さ、天井の高さがそれぞれに異なっており、大階段、左右の廻り階段を昇る毎に、劇的な視界が開かれる。

 建物内外は、彫刻された大谷石、透しテラコッタによって様々に装飾されている。特に左右ラウンジ前の大谷石の壁泉、吹き抜きの「光の籠柱」と大谷石の柱、食堂前の「孔雀の羽」と呼ばれる大谷石の大きなブラケットは、見る者を圧倒する。

 吹き抜かれた大空間の中を光が上下左右に錯綜し、廻りの彫刻に微妙な陰影を与え、ロビーの雰囲気を盛りあげている。


博物館明治村 帝国ホテル中央玄関
1923(大正12)年
登録有形文化財
設計 : フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)
施工 : 大倉土木
旧所在地 : 東京都千代田区内幸町
犬山市内山5-67博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_13145920.jpg
c0112559_1315687.jpg
c0112559_13151244.jpg
c0112559_13152522.jpg
c0112559_13153371.jpg
c0112559_13153488.jpg
c0112559_13154873.jpg
c0112559_13155443.jpg
c0112559_131645.jpg
c0112559_13161298.jpg
c0112559_13161327.jpg
c0112559_13162018.jpg
c0112559_13163086.jpg
c0112559_13164060.jpg
c0112559_13165711.jpg
c0112559_1317059.jpg
c0112559_13171126.jpg
c0112559_13172126.jpg
c0112559_13173162.jpg
c0112559_13174557.jpg
c0112559_1318351.jpg
c0112559_13181319.jpg
c0112559_13181479.jpg
c0112559_13182357.jpg
c0112559_13183967.jpg
c0112559_13184389.jpg
c0112559_1319023.jpg
c0112559_131998.jpg
c0112559_13191259.jpg
c0112559_13192170.jpg
c0112559_13193048.jpg
c0112559_13194579.jpg
c0112559_13205781.jpg
 大正時代のものとは思えない斬新な意匠。これだけの魅力的な建物は、現代でも最先端といってもいいような素晴らしさ。さすがに「近代建築の三大巨匠」と呼ばれるフランク・ロイド・ライトです。

 帝国ホテルの設計には、後にライトの後継者となり、数多くの素晴らしい建物を日本に残した、若き遠藤新、アントニン・レーモンド、田上義也、土浦亀城らが様々な形で参加しており、いわゆるライト系といわれる優れた建築家を生み出すきっかけとなりました。当時の日本建築界は長くコンドルの流れをくむ古典様式主義が主流でしたので、ライトのプレイリースタイル(草原様式 Prairie Style)という斬新な形状美は、若い建築家たちには驚きととも受け入れられ、強く心をつかんだに違いありません。

 この建物は明治村でも最大の見どころ。正門から順番に見ていくと最後に到達する位置にあります。内部には喫茶室があり、歩き疲れた足を休めるのにお勧めです。

 約3か月間に渡って紹介してきた明治村シリーズは、今回で終わります。
by gipsypapa | 2012-12-04 13:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18955648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-12-06 06:50
おおー、有名な帝国ホテルですね。
大谷石が、
ちょっと崩れそうな微妙な雰囲気ですが…(笑)。
デザインは、
さすが三大巨匠の一人に数えられるだけのことはありますね。
Commented by gipsypapa at 2012-12-06 13:09
j-garden-hirasato さん
大谷石が風化していますね。
一部コンクリートに変えたとのことです。
大谷石は趣があるので、
建材として外装などに最適なのですが、
大都会では排気ガスなどの影響で
風化が早いのかもしれません。
メインロビーの3階吹き抜けが素晴らしいと思いましたが
写真では表現しきれていないです。
Commented by ☆椅子 at 2012-12-06 20:11 x
私が利用しているバスの停留所に硬石山というところがあります。一方その近くに札幌軟石もあります。

大谷石の写真を見ながらそんなどうでもいいことを思い出しました。

ちなみに私の勤務地は大谷地です。ぜんぜん関係ないです。
Commented by gipsypapa at 2012-12-12 13:14
☆椅子さん
御無沙汰しています。
そういえば札幌でしたね。
大谷石はは札幌軟石よりポーラスな感じを受けましたが
違うのかな?
宇都宮カトリック教会が最大の大谷石建築物らしいので、
一度見たいと思っていますが、遠いです。
<< 中京銀行豊橋支店 博物館明治村 名鉄岩倉変電所(... >>