博物館明治村 高田小熊写真館

c0112559_12524788.jpg
 銀板写真と呼ばれる写真術が日本に渡来したのは幕末1840年代のことである。続いて1850年代の末頃湿板写真が導入され、明治中期には乾板写真に移行し、さらに今日のフィルムへと変遷をとげた。

 明治時代においては、写真術は高度な理化学の知識と長年月の修練を要し、誰にでも簡単にできるというものではなかった。このため写真師は文明開化の花形職業として高い収入と大きな名声を得ていたのである。

 この建物は、昔から豪雪地として知られ、日本のスキー発祥の地である越後高田の街なかに、明治41年(1908)頃建てられた洋風木造二階建の簡素な写真館である。階下には応接間、暗室のほか作業室兼用の居室があり、二階に写場(スタジオ)が設けられていた。創建以後、時世の変化に応じて増築や模様替えが重ねられていたため、移築に際しては創建時の姿に復原することに努め、背面及び内部の後補部分は取り去った。しかし、正面の突出部分は改造後の姿をそのまま復原した。 大工棟梁によって地方に建てられた明治末大正初期の写真館の俤が偲ばれる。

 当時、写真師が写場を設営するにあたり最も苦労したのは、人工照明がないため、外光を写場にいかに効果的に取り入れるかであった。そのため屋根やカーテン、反射板等に様々な工夫が凝らされ、この写真館でも北側の屋根を全面ガラス張にし、独特の白黒天幕を用いて光景を調節できるようにしている。又、写真師は写真館の外観とともに、「書割」と呼ばれるバックや小道具にも力を注ぎ、専門の絵師にバックを描かせたり、高価な舶来の小道具を購入する等、その豪華さを競い合った。


博物館明治村 高田小熊写真館
1908(明治41)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 新潟県上越市本町
犬山市内山5-65博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_12541362.jpg
c0112559_1254208.jpg
c0112559_12542888.jpg
c0112559_12543474.jpg
c0112559_12544098.jpg
c0112559_12544723.jpg
c0112559_12545511.jpg
c0112559_1255029.jpg
c0112559_1255844.jpg
c0112559_12551847.jpg
c0112559_12552587.jpg
c0112559_12553522.jpg
 明治初期の湿板写真は、ガラス板の上に乳剤を塗り、それが乾かないうちに写したため、この名がある。写したガラス板のネガは黒いビロードにのせてポジ像に見せ、これを桐箱に入れて客に渡した。 撮影には長時間の露出を要するため、「首おさえ」や「胴おさえ」を使って体を固定した。
by gipsypapa | 2012-11-30 12:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18936912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-12-01 09:41
当時は、
まさに、時代の最先端の技術だったんですね。
室内で写真を撮るにも、
大仕掛けが必要でした。
携帯でパチパチ撮れる時代が来るとは、
考えてもいなかったでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2012-12-03 13:06
j-garden-hirasato さん
2階のサンルームは
北海道開拓の村にあった
旧広瀬写真館でも同じ構造でした。
以下に明かりが必要だったかがわかりますね。
今はデジカメでもASA自動調節機能なんかがあって
便利になりました。
<< 博物館明治村 名鉄岩倉変電所(... 博物館明治村 菊の世酒蔵 >>