博物館明治村 半田東湯

c0112559_12544710.jpg
 この東湯は、知多半島の先、三河湾に面する港町亀崎にあったもので、小さな町にふさわしく間口3間のこじんまりとした銭湯である。明治の末頃建ったと推定され、約半世紀にわたって営業されており、湯水を多く使う商売柄、建物の傷み・改変も少なくなかった。しかし、表構え、番台などに明治の古風な銭湯の俤が遺されている。

 木造で前半分が脱衣室と和室が重なる二階建、奥の浴室部分が平家建になっており、屋根は前後とも切妻屋根である。外壁は和風の下見板張で、一階廻りにはガラス建具の窓・出入り口を開け、二階の窓には障子を立てている。

 古来、日本の銭湯には湯屋と風呂の二つの形があった。湯屋は湯舟に満たされた湯の中に身を沈める形で、風呂は湯気に身を包む蒸し風呂の形式であった。しかし、蒸し風呂は密室を必要とし、多数の客を入れることができないため、次第に湯屋が主流を占めるようになった。

 解体の時には、浴槽や床にはタイルが張られていたが、手法が新しいと判断されたため、明治末期の姿に推定復原した。男女の湯舟は隔てもなく、一つながりである。

 明治以前の湯殿には、「ざくろ口」という特有の入口があった。これは、湯舟から上る湯気の流出を少なくするため、湯殿の板囲いの出入口を低く押えたものである。しかし、湯殿の中が大変暗く、湯気がたちこめてあまり衛生的ではなかったため、明治12年(1879)禁止された。このように、維新後、いろいろな改良が加えられ、天井には湯気抜きが設けられるようになった。


博物館明治村 半田東湯
1910(明治末)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 愛知県半田市亀崎町
犬山市内山4-50博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_12561571.jpg
c0112559_12561160.jpg
c0112559_1256521.jpg
c0112559_12571432.jpg
c0112559_1258978.jpg
c0112559_12582234.jpg

by gipsypapa | 2012-11-07 12:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18669223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-11-11 18:00
温泉地だったら、
無料でしょうね。
有料なのが、
ちょっと残念!
Commented by gipsypapa at 2012-11-12 09:57
j-garden-hirasato さん
おっしゃる通りです。
足湯で100円は高い!
ということでお客さんはいませんでした。(笑)
<< 博物館明治村 聖ザビエル天主堂 博物館明治村 呉服座 >>