博物館明治村 宇治山田郵便局

c0112559_1314379.jpg
 明治3年(1870)太政官から郵便事業開始の達示が出され、翌4年には郵便の利用方法についての細かい規則が布告された。これに伴ない、同年東京江戸橋に日本最初の郵便役所(郵便局)が建てられ、近代郵便事業が開始された。その後各地に郵便役所が建てられ、伊勢の宇治山田にも同5年わずか4坪(13.2㎡)の小さな役所が開業した。郵便事業が近代国家の一翼を担って発展し、電信電話事業をも行うようになると、事業の拡大につれて、宇治山田郵便局は移転につぐ移転を重ね、明治42年(1909)伊勢外宮前の角地にこの建物を新築した。
 
 木造平家建銅板葺で、中央には円錐ドームの屋根を頂き、両翼屋には寄棟の屋根をふせており、正面の左右には小ドームの載る角塔を立てている。外装はハーフティンバー様式で、漆喰塗と下見板張の壁が使いわけられ、欄間部分には漆喰塗のレリーフが施されている。窓には3段或いは4段の回転窓が付けられているが、これは他に余り例をみない形式である。

 入口を入ると円形の「公衆溜」と呼ばれたホールがあり、その周囲にはカウンターが廻らされている。ホールの天井は、まわりの事務室部分より一段と高くされ、高窓から光を入れている。天井の中心からはチューリップ型のシャンデリアが下げられている。このように公衆用のホールを中心に据えた形は、新時代の計画といえよう。


博物館明治村 宇治山田郵便局
旧伊勢郵便局舎
1909(明治42)年
重要文化財
設計 : 白石圓治
施工 : 岡田斉次郎

旧所在地 三重県伊勢市豊川町
犬山市内山4-46博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_1316772.jpg
c0112559_1316595.jpg
c0112559_13164048.jpg
c0112559_131741.jpg
c0112559_1317083.jpg
c0112559_13174399.jpg
c0112559_1318253.jpg
c0112559_13182272.jpg
c0112559_13182089.jpg
c0112559_13184060.jpg
c0112559_1319137.jpg
c0112559_13192015.jpg
c0112559_1320182.jpg

by gipsypapa | 2012-11-02 13:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18630508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 博物館明治村 本郷喜之床 博物館明治村 工部省品川硝子製造所 >>