博物館明治村 工部省品川硝子製造所

c0112559_9425961.jpg
 明治6年(1873)イギリス人技術者を雇い入れて、品川興業社硝子製造所が開設された。同9年工部省がこの製造所を買い上げ官営とし、その後この建物等が建てられた。壁体はレンガ造イギリス積、屋根には瓦を葺いている。開口部はアーチ式のものが主体であるが、右側三分の一ほどに式の開口がある。この部分の内部に中二階の床があるためである。

 工部省は、日本に近代工業を根付かせ、その発展を図るために明治3年(1870)設置された役所で、その目的は極めて広く、鉄道、土木、燈台、造船、電信、製鉄などの実技面から、工学技術教育に至るまで網羅された。早急な育成のため、設備、技術者など必要なもの一切を導入する方針がとられ、各地に多業種の工場が建設され、多数のお雇い外人が来日指導に当たった。
 この硝子製造所でも、イギリスのガラス工ウォルトン、スピートなどが指導に当たり、フリントガラスの製造設備をもって、食器など日用ガラス器の製作をしていた。明治14年頃には板ガラスの製造テストも行われたが、成功しなかった。

 明治18年(1885)この工場は民間に払い下げになり、明治末に三共合資会社製薬場となって、有名な高峰譲吉や鈴木梅太郎の創製により薬品も製造された。

 建物の内部は、間仕切がなく一つの部屋になっており、片側約三分の一に中二階が設けられており、厚いレンガの壁体に梁を差し込んで床を支えている。小屋組は典型的なキングポストトラスで棟上に換気用の越屋根が載せられている。

 復原に当たり、補強のため周囲のレンガ壁体の頂部に鉄筋コンクリートの臥梁を廻らした。 現在は一階を店舗に、中二階を展示室に活用している。


博物館明治村 工部省品川硝子製造所
1877(明治10)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 東京都品川区北品川
犬山市内山4-45博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_944201.jpg
c0112559_9443127.jpg
c0112559_9444030.jpg
c0112559_9444923.jpg
c0112559_9445978.jpg
c0112559_945781.jpg
c0112559_9451780.jpg
c0112559_9452685.jpg
 明治期における国内のガラス工業は日用ガラス器生産が殆どであった。建築材料として必要な板ガラスは、幾度かの試みにもかかわらず成功せず、国産化が実現したのは、明治42年になってからである
by gipsypapa | 2012-11-01 09:47 | 建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18626271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miffitea at 2012-11-01 16:27
こんにちは、
煉瓦造りがなんとも趣がありますね。
歴史も感じます。
しっかりとした梁のある天井も歴史がありますね。
ガラス製品、ガラスのコップは大好きです。
最近、プラスチック製がおおくて。。。
そうですか、建築用の板ガラスは生産が難しいかったのですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-11-02 06:24
レンガ造りだと、
ショップとか、いろいろ利用されるんですね。
見栄えがするからでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2012-11-02 10:21
miffitea さん
ブログを見せてもらいました。
建物ファンとして嬉しいですね。
建築用の板ガラスの製造が難しかった・・・
確かにレトロな住宅の窓ガラスの波打ちガラスは
今では貴重でいい感じで好きですが
昭和になっても、まだ簡単ではなかったという技術的背景もあったのでしょう。
ところでブログにある国立科学博物館はいいですねぇ。
内部がこんなに見どころが多いとは。
私も行きました↓が、時間の都合で中を見なかったのが残念です。
http://gipsypapa.exblog.jp/6286145/
Commented by gipsypapa at 2012-11-02 10:22
j-garden-hirasato さん
確かに煉瓦造りは
ショップやカフェなどに使われて入る例が多いです。
レトロ感があってお洒落だからかな。
Commented at 2013-05-31 10:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 博物館明治村 宇治山田郵便局 博物館明治村 鉄道寮新橋工場・機械館 >>