博物館明治村 歩兵第六聯隊兵舎

c0112559_1129124.jpg
 幕末、維新の動乱時、度重なる列強国の軍事的示威行動をまのあたりにして、幕府、雄藩は軍事力の近代化の必要性を痛感した。薩摩、長州がイギリスに教えを受けたのに対し、幕府はフランス方式を取り入れ、これが明治政府にも引き継がれて、日本陸軍の基礎が形成されていく。明治4年(1871)東北から九州まで四分割された各区域にそれぞれに鎮台が置かれ、同6年(1873)には広島、名古屋にも鎮台が設けられた。各鎮台のもとには歩兵聯隊が置かれるが、名古屋鎮台の管内では名古屋と金沢に組織され、名古屋に置かれたものが歩兵第六聯隊である。

 明治政府は単に軍事組織や訓練方法だけでなく、兵舎等の軍用建造物についてもフランスから学んでおり、明治6年(1873)の聯隊創設時に建てられた歩兵第六聯隊兵舎も、フランスの建築書を基に海外の例に学んで造られた。現在明治村に遺るのは、方形の営庭を囲んで配されていた兵舎のうちの一棟で、もとは50mを超える長い建物であったが、移築に際し約三分の二に切り縮められている。

 単純な四角形の上ゲ下ゲ窓が並び、素朴な印象を与えるが、構造は大変頑丈で、外側の柱は全て土台から軒に達する太い通し柱になっており、壁下地になる木摺を斜めに打ち、瓦を張って、白漆喰で仕上げている。このため、地震にも火災にも強く、断熱性も高い。

 尚、創建当時の窓は現在の約半数であったが、のちに室内を明るくするため増設されている。明治村では屋内の展示環境も考慮し、増設された状態で復原している。

 木製のベッドが並ぶ内務班。全ての家具が耐久性に重点を置いて作られている。他に中隊長室、下士官室等が当時の姿に復原されている。


博物館明治村 歩兵第六聯隊兵舎
1873(明治6)年
登録有形文化財
設計 : 不明
施工 : 竹中藤右衛門
旧所在地 : 名古屋市中区二の丸
犬山市内山4-36博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_1130332.jpg
c0112559_11303976.jpg
c0112559_11304674.jpg
c0112559_11304613.jpg
c0112559_11305162.jpg
c0112559_1130593.jpg
c0112559_11311297.jpg
c0112559_11311260.jpg
c0112559_11311963.jpg
c0112559_1131335.jpg
c0112559_11314179.jpg
c0112559_11315083.jpg
c0112559_1132075.jpg

by gipsypapa | 2012-10-23 11:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18594135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-24 06:34
素人の身には、
建物を見ても、
フランスだかイギリスだか、
よく分かりませんが、
装飾もなく、とてもシンプルな建物に思います。

Commented by gipsypapa at 2012-10-24 12:58
j-garden-hirasato さん
私も区別がつきません。
日本特有の洋館に見えます。
イギリスやフランスの古い建物は
石造りとか煉瓦造りが多いです。
木造ってあまり知りませんよね。
<< 博物館明治村 名古屋衛戍病院 博物館明治村 日本赤十字社中央... >>