博物館明治村 第四高等学校武術道場「無声堂」

c0112559_12514048.jpg
 古来、武士のたしなみとして剣術、柔術、水術等様々な武道が伝えられてきたが、明治初年の新しい学校体育では体操が中心で、武道はとりあげられなかった。明治15年(1882)嘉納治五郎が柔道を創始して古武道の改革をはかるが、これが下地となって、日清戦争後、15歳以上の強壮者に対し武道を正課外で習わせることが認められ、主として大学、高等学校の運動部の活動として普及をみるようになった。明治後期になると、国内全般に尚武的気風が高まり、それまで欧米式体育に対する反省もあって、学校体育に武道が加えられるようになった。

 この「無声堂」は大正6年(1917)金沢の第四高等学校に建てられたもので、柔道、剣道、弓道三つの道場を兼ね備えた大きな洋風建築物である。木造下見板張桟瓦葺の余り派手さのない建物であるが、道場の床には工夫がみられ、柔道場では床の弾力を増すため床下にスプリングを入れ、剣道場では音の反響を良くするため床下に共鳴用の溝を掘っている。長い年月にわたり、幾多の若人がこの「無声堂」で修練を積んできた。

 茅葺の厚く深い軒の下には丸い的が置かれている。弓道場の正面は、雨戸を入れる戸袋まで左右に開くことができるため、さえぎるものは柱一本ない。小屋組の構造を合理的な洋小屋組にすれば、このように途中の柱を抜いて長大な間を架構することも比較的容易である。


博物館明治村 第四高等学校武術道場「無声堂」
1917(大正6)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 石川県金沢市仙石町
犬山市内山4-34博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_1253418.jpg
c0112559_1253123.jpg
c0112559_12531639.jpg
c0112559_1253574.jpg
c0112559_12531181.jpg
c0112559_12533640.jpg

by gipsypapa | 2012-10-18 12:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18576656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miffitea at 2012-10-19 10:09
はじめまして、
私もレトロな建物が好きです。
明治村には、行ったことがありますが、
友だちとワイワイと行ったので、あまり記憶になく
あらためて、お写真を拝見し、しっとりとした木の温度が伝わるようです。
リンクいただきました。
Commented by gipsypapa at 2012-10-19 21:55
miffitea さん
はじめまして。
同じ趣味の方は大歓迎です。
miffitea さんのブログも見せていただきました。
見ただけで女性、それもお若い!雰囲気いっぱいでした。
今後もよろしくお願いします。
私もリンクを・・・
<< 博物館明治村 日本赤十字社中央... 博物館明治村 芝川又右衛門邸 >>