博物館明治村 宗教大学車寄

c0112559_13324181.jpg
 この建物は、現在明治村3丁目の岬の広場に「あずまや」の如く建てられているが、本来は明治41年(1908)東京郊外の巣鴨に新築された私立宗教大学本館の車寄であったものである。

 木造二階建の本館校舎は、講堂を中心に左右に教室を配した一文字型の大きな建物で、その正面にこの車寄があった。この高さ6.9mの車寄からも推し測られるように、本館はバロック風の大屋根を頂く壮大な明治末期の特色ある洋風建築で、車寄と同様、腰石には花崗岩が積まれていた。

 大正15年(1926)大正大学と改称された後も、長く校舎として使われ、椎尾弁匡をはじめとする宗教学の諸碩学が子弟の教育に当たった由緒ある建物でもあった。

 昭和43年(1968)2月、折から帝国ホテルの保存問題が世間の注目を集めていたが、この宗教大学本館が消え去ることを惜しみ、明治村では本館の俤を残すこの車寄部分を解体・保存した。


博物館明治村 宗教大学車寄
1908(明治41)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 東京都豊島区西巣鴨
犬山市内山3-33博物館明治村内
c0112559_13335734.jpg
c0112559_1334486.jpg
c0112559_13341168.jpg
c0112559_13342169.jpg

by gipsypapa | 2012-10-16 13:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18569398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-18 06:49
これだけだと、
ちょっと寂しげな雰囲気が漂いますね。
Commented by gipsypapa at 2012-10-18 13:59
j-garden-hirasato さん
これは確か日本庭の一角にあって
休憩所にもなっています。
行かれた時には
庭園を見てここでゆっくりしてください。(^^)
<< 博物館明治村 芝川又右衛門邸 博物館明治村 神戸山手西洋人住居 >>