博物館明治村 西園寺公望別邸「坐漁荘」

c0112559_8291578.jpg
 西園寺公望は明治3年(1870)法学を学ぶため渡仏、10年間滞在した後帰国し、中江兆民等と東洋自由新聞を発刊、ブルジョア自由主義の普及に努める。廃刊後は政府に入り、憲法調査のため伊藤博文に従って外遊、次いで各国公使、各大臣を歴任し、明治39年(1906)には伊藤博文のあとを受け、政友会を率いて内閣を組織した。その政治姿勢は終始平民主義を貫き、その後、我が国の元勲と呼ばれるにいたった。

 この「坐漁荘」は西園寺公望が政治の第一線から退いた後、大正9年(1920)に駿河湾奥、清水港近くの興津の海岸に建てた別邸である。旧東海道に沿って建てられた低い塀の奥に、玄関、台所、二階建座敷等の屋根が幾重にも重なる。木造桟瓦葺で軒先に軽い銅板を廻らした純和風建物であるが、小屋組には強い海風に耐えられるよう工夫がみられ、梁を斜めに渡し、鉄筋の水平筋違いを十字に張っている。

 「坐漁荘」の名には“なにもせず、のんびり坐って魚をとって過ごす”という意味がこめられていたが、実際には事あるごとに政治家の訪問を受けざるを得なかった。

現在、二階の座敷の障子を開け放つと、遠い山並みを背景に入鹿池が見渡せる。興津に建てられた当時は、右手に清水港から久能山が、左手に伊豆半島が遠望された。

 昭和4年(1929)、海に面した座敷の横に洋間が、又、その奥には脱衣室を兼ねた化粧室や洋風便器の置かれた便所等が増築された。晩年になって別邸に洋間を設けたことは、若い時から西欧に遊学し、洋風生活に親しんでいたとは言え、洋間の居住性を評価する上で面白い。


博物館明治村 西園寺公望別邸「坐漁荘」
1920(大正9)年
登録有形文化財
設計 : 則松幸十
施工 : 不明
旧所在地 : 静岡県清水市興津町
犬山市内山3-27博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_8332133.jpg
c0112559_833335.jpg
c0112559_8334451.jpg
c0112559_8335412.jpg
c0112559_834481.jpg
c0112559_8341386.jpg
c0112559_8342432.jpg
c0112559_8343379.jpg
c0112559_8344352.jpg
c0112559_8345383.jpg
 「日本庭園的生活」に再現された興津坐漁荘が紹介されています。
by gipsypapa | 2012-10-07 08:40 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18535606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-09 00:15
春に、
蒲原の復元された坐漁荘に行きましたが、
やはり、年季の入ったものの方が、
見応えはありますね。
Commented by gipsypapa at 2012-10-09 13:47
j-garden-hirasato さん
ブログを読んだ時には
こっちを先に見ていましたので
興味深く読ませてもらいました。
洋間の写真は同じように見えました。
Commented by YY工房 at 2012-10-11 02:53 x
はじめまして。ことあるごとにブログを拝見しております。「ことあるごと」とは、私も近代の名建築に興味がありまして、あちこち訪ねてはスケッチしているのですが、その際、建物が建てられた背景などものがたりを調べるときに、たいへん参考にさせていただいております。ここ数日、明治村の建物を紹介されておられるようですが、私も、もう10年以上前になりますが、ある住宅メーカーのカレンダーの原画を描きに行きました。あれだけの規模の野外博物館は貴重ですね。今後とも、興味ある記事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by gipsypapa at 2012-10-11 13:17
YY工房さん、
こちらこそはじめまして。
なかなか普段は出歩くのもままならないのですが、
年に数回まとめて出かけるようにしています。
古い建築に興味を持ったのは
今はなきヴォーリズの室谷邸に偶然遭遇してからでした。
もう一つのブログ「ヴォーリズを訪ねて」で紹介していますので
良ければ見てください。
YY工房さんのHPを見ていたらヴォーリズもありますね。
ところでHPに行って驚きました。
6年続けてカレンダーに使われているとありますが、
それは私の勤めている会社です。
もちろんカレンダーは何度も見たことがあり、
お気に入りです。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by YY工房 at 2012-10-12 03:47 x
ご連絡ありがとうございました。
H社にお勤めとはおどろきました。
あらためて、お世話になっております。
室谷邸の前の古いマンションに30年近く前、
3年間ほど住んでおりました。
もう10年も前のことですが、
心斎橋の大丸がヴォーリズの作品ということで、
大丸の画廊で、ヴォーリズの作品をスケッチしたものを集めて、
個展をさせてもらったことがあります。
彼の建築は人間性にあふれていて、豊かな気持ちになりますね。
Commented by gipsypapa at 2012-10-12 14:12
YY工房さん、
私も驚きました。
我が社のイントラネットにはすでに2013年のカレンダーが出ています。
「ふるさとの息吹 東北のこころ」ですか。
相変わらず心が温まる絵です。
ヴォーリズについては同感です。
作品を見るたびに、人間性に富み、
使い勝手や健康に最大限に気配りした設計であることを実感します。
また似たような個展がありましたらお知らせください。
<< Gitano Family J... 博物館明治村 幸田露伴住宅「蝸牛庵」 >>