博物館明治村 幸田露伴住宅「蝸牛庵」

c0112559_13443780.jpg
 明治10年代(1877~1886)、下火となっていた戯作文学が、自由民権論、国権論、アジア主義等の隆盛に呼応した政治小説の形で復活してくるが、これとは別に人間の内面を描き出そうとする動きも出てきた。明治18年(1885)坪内逍遥は「小説神髄」を刊行して小説の新しい方向を提唱、これに応じる形で二葉亭四迷の「浮雲」が生まれたが、逍遥の内面尊重の主張はさらに幸田露伴へと受け継がれ、東洋的な観念を主題とする作品に結実してゆく。

 露伴は幼少の頃算術を得意とし、長じて電信を学び、電信技手を勤めるが、傍ら漢籍や仏書を読破し、「小説神髄」に触発されて明治20年(1887)21才の時、官を辞した。その翌年発表した処女作「禅天魔」が尾崎紅葉の目にとまると、文筆の世界に足を踏み入れ、「風流仏」「対髑髏」「五重塔」等次々に発表、紅葉とともに紅露時代として一世を風靡した。

 露伴は自分の家を「かたつむりの家(蝸牛庵)」と呼び、やどかりのように幾度となく住まいを変えている。隅田川の東にあったこの家もその内の一つで、明治30年(1897)からの約10年間を過ごしている。周辺には江戸時代から豪商の寮(別邸)や下屋敷が多く、この建物もその雰囲気を伝えるとともに、深い土庇のある座敷には水鳥を形どった釘隠しが付けられ、墨東の名残もとどめている。

 町屋と異なり、まわりの広い庭に自由に延び拡がった建物で、廊下を軸に玄関、和室、付書院のある座敷が千鳥に配されている。


博物館明治村 幸田露伴住宅「蝸牛庵」
1868(明治初)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
旧所在地 : 東京都墨田区東向島
犬山市内山3-26博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_13454828.jpg
c0112559_13455433.jpg
c0112559_13461080.jpg
c0112559_1345556.jpg
c0112559_13455983.jpg

by gipsypapa | 2012-10-03 13:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18522373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-10-04 06:38
明治村に移築されているのは、
西洋建築だけじゃないんですね。
Commented by gipsypapa at 2012-10-07 08:24
j-garden-hirasato さん
はい、和風建築もかなりあります。
しかし他の・・・村に比べると
洋風の割合は高いです。
<< 博物館明治村 西園寺公望別邸「... 博物館明治村 北里研究所本館・... >>