博物館明治村 東山梨郡役所

c0112559_13245180.jpg
 廃藩置県によって始められた地方行政をより効率的に行うため、明治11年(1878)「郡区町村編制法」が施行される。これにより、県令の任命する郡長が、県令の指示のもとで郡内の町村の行政を指導監督することになった。山梨県は施行当初4郡に分けられたが、明治13年(1880)の太政官布告により9郡に改編された。東山梨郡が誕生したのはこの時で、日下部(くさかべ)村をはじめ30の村が編入された。

  発足当初、仮庁舎を使って業務が開始されたが、明治18年(1885)新庁舎としてこの建物が日下部村に落成した。当時の山梨県令藤村紫朗は大変開明的な人物で、地元に多くの洋風建築を建てさせている。人々はそれらを「藤村式」と呼んだが、この東山梨郡役所もその一例である。正面側にベランダを廻らせ、中央棟と左右翼屋で構成する形式は、先の三重県庁舎と同様、内務省に代表される当時の官庁建築の特徴である。

  この建物は地元の職人の手になるものであるが、木造桟瓦葺の外形に伝統技法を駆使して様々な洋風の意匠を施している。ベランダの柱は凸面のひだをとった胡麻殻决り(ごまがらじゃくり)の丸柱として、洋風の束ね柱(たばねばしら)を模し、壁面の出隅には黒漆喰を用いて隅石積の形を塗り出している。二階手摺の構成等には、純粋の洋風建築にはない面白さがある。室内では花鳥風月をあしらった天井の漆喰塗中心飾が特に美しい。

 この東山梨郡役所は中央部分が二階建、左右翼屋が平家建になっており、このため屋根が複雑に架けられている。屋根を支える小屋組は、中央の大屋根部分が大スパンに適した洋小屋のキングポストトラス、翼屋の部分が和小屋になっている。


博物館明治村 東山梨郡役所
1885(明治18)年
重要文化財
設計 : 不明
施工 : 赤羽芳造、土屋庄蔵
旧所在地 : 山梨県山梨市日下部町
犬山市内山2-16博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_13262143.jpg
c0112559_13263126.jpg
c0112559_13264243.jpg
c0112559_13265078.jpg
c0112559_13265878.jpg
c0112559_1327739.jpg
c0112559_13271574.jpg
c0112559_13272389.jpg
c0112559_13272928.jpg
c0112559_13274040.jpg
c0112559_13274797.jpg

by gipsypapa | 2012-09-24 13:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18488375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-09-24 23:08
洋風建築でありながら、
和風っぽい雰囲気が漂う不思議な建物です。
正面のベランダは、
機能というよりデザインとして、
配置されたのでしょうか。
官公庁でベランダはいらないと思いますが…。
Commented by gipsypapa at 2012-09-25 13:01
j-garden-hirasato さん
確かに今の官庁にはベランダはいりませんね。
↑の解説には
「先の三重県庁舎と同様、内務省に代表される当時の官庁建築の特徴である。」
とあります。
知事と高級官僚が前庭に集まった市民に
新年の挨拶でもしたんでしょうか。
<< 博物館明治村 清水医院 博物館明治村 第四高等学校物理... >>