博物館明治村 聖ヨハネ教会堂

c0112559_1341361.jpg
 明治6年(1873)、鎖国以来二百数十年続いたキリスト教の禁止令が解かれ、各地に教会堂が建てられるようになった。

 この聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会である。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が大変明るい。構造は、一階がレンガ造、二階が木造で造られ、屋根には軽い金属板が葺かれておりこれは日本に多い地震への配慮とも考えられる。また構造自体がそのまま優れたデザインとして外観・内観にあらわれている。

 開国後多くの宣教師が来日するが、その中には宣教だけでなく実業面、教育面でも業績を遺した人もいた。この教会堂を設計したアメリカ人ガーディナーもその一人である。ハーバード大学で建築を学んだガーディナーは明治13年(1880)来日、立教学校の校長として教育宣教にあたる一方、建築家としても立教大学校校舎、明治学院ヘボン館、日光真光教会等の作品を遺している。

十字形平面の会堂内部は、化粧の小屋裏をあらわし、柱などの骨組が細目に見えることもあって、実際より広く感じさせる。京都の気候に合わせて使ったと言われる天井の竹の簀も、明るい窓の光を反射させ、より開放感を増している。

 建物細部の随所にゴシック風の尖頭アーチが見られるが、特に正面入口がよい例で、レンガ積の角柱から柱頭飾りをはさんでレンガ積のきれいなアーチが立ち上っている。奥の欄間の二つの三葉形アーチの窓や板扉の大形の金具のデザインも中世風のものである。


博物館明治村 聖ヨハネ教会堂
旧日本聖公会京都聖約翰教会堂
1907(明治40)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 鈴木由三郎、山本住造
旧所在地 : 京都市下京区河原町通五條
犬山市内山1-6博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_1364879.jpg
c0112559_1365723.jpg
c0112559_137713.jpg
c0112559_1371324.jpg
c0112559_137209.jpg
c0112559_1372613.jpg
c0112559_1373691.jpg
c0112559_1373167.jpg
c0112559_1375232.jpg
c0112559_138286.jpg
c0112559_1375886.jpg
c0112559_1382190.jpg
c0112559_1383045.jpg
c0112559_1384068.jpg
c0112559_1384914.jpg
c0112559_1384465.jpg
c0112559_139997.jpg
c0112559_1392412.jpg
c0112559_1393123.jpg
c0112559_1394110.jpg
c0112559_1393985.jpg
c0112559_1395936.jpg

by gipsypapa | 2012-09-12 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18445617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-09-12 22:38
これは、
撮り甲斐のある教会ですね。
内部の骨組みも複雑で、
惹かれます。
京都でも、
この建物が建ち続けることができなかったんですね。
Commented by gipsypapa at 2012-09-13 13:06
j-garden-hirasato さん
コウモリ天井とハンマービームを組み合わせたようね、
特殊な屋根組になっていて
素晴らしいと思います。
この教会が元あった場所は五条河原町らしいのですが、
この一帯は繁華街です。
さすがにこれだけの大規模な教会を存続させるのは
無理だったのでしょうね。
Commented by 就活の送付状 at 2013-06-07 10:08 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
<< 博物館明治村 学習院長官舎 博物館明治村 赤坂離宮正門哨舎 >>