京都のN邸

c0112559_1175342.jpg
 二条中学から児童福祉センターへ移動する途中、二条公園の西側で見つけた住宅。純和風の本屋の玄関脇に洋風の応接間らしきものが併設しています。昭和初期に流行した淡い褐色のスクラッチタイル貼りの壁に、白い木枠の長窓。洋館部は木造平屋建て。

京都のN邸
築年 : 昭和初期
設計・施工 : 不明
京都市上京区主税町
撮影 : 2008.1.4
c0112559_1192828.jpg

c0112559_1185747.jpg
 新年早々ですが、この日は日差しが暖かく、窓の向こうに猫が日向ぼっこをしていました。
c0112559_1185311.jpg

by gipsypapa | 2012-08-22 11:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18369194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-08-24 06:38
せっかく純和風の建物なのに…。
どうしても、西洋化の波に
のりたかったのですね(笑)。
こういうチグハグなのは、
それほど嫌いではありません。
Commented by gipsypapa at 2012-08-29 14:48
j-garden-hirasato さん
おっしゃるような感覚で建てられたのでしょうね。
日本中色々なところで見かけます。
私もこの方法は気に入っています。
<< 旧京都市立新道小学校 京都市立二条中学校 特別教室棟 >>