京都の旧鈴木大拙邸

c0112559_1529727.jpg
 昭和初期に建てられたコロニアル・スタイルの住宅。禅文化ならびに仏教文化を海外に広めた鈴木大拙(すずきだいせつ)氏が大谷大学教授に就任し京都に住んだときの住宅です。

 濃いピンク色の外壁が鮮やかで、中央のドーマー窓や2階に並ぶ両開きの窓が魅力的です。改修されているようで外観は新しく見えます。ただ形状はやはり昭和初期のモダンな洋館で、現在は2世帯で大事に使われているようです。木造2階建て。

旧鈴木大拙邸(T邸、N邸)
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
京都市北区小山東大野町
撮影 : 2011.10.16
c0112559_1530032.jpg
c0112559_15301564.jpg
c0112559_15303063.jpg
c0112559_15304682.jpg

by gipsypapa | 2012-08-12 15:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18333703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-08-13 06:48
大邸宅ですね。
現在お住まいなのは、
鈴木教授とは、
関係のない方々でしょうか。
京都は戦災がなかったので、
残ったんですね。
Commented by gipsypapa at 2012-08-13 17:48
j-garden-hirasato さん
写真では修整していますが、
表札も写っていました。
鈴木さんではなかったです。
おっしゃる通り、
京都は空襲の被害を受けていないので、
他の都市より古い住宅が多く残っています。
<< 紫明幼稚園 紫明会館(京都教育大学同窓会館) >>