富岡小児科医院

c0112559_13474560.jpg
 今日から少し京都をやります。時系列的には北海道の次は明治村でしたが、また長くなりそうなので、しばらく普通の洋館を紹介することにします。

 スパニッシュ風の和様折衷の医院兼住宅建築。京都のあめりか屋が設計した建物で、普通の住宅に見えながら、赤い瓦葺きに屋根の付いた煙突が印象的です。木造2階建て。

富岡小児科医院
昭和初期以前
設計・施工 : あめりか屋
京都市北区小山花ノ木町17
撮影 : 2011.10.16
c0112559_13483118.jpg
c0112559_13483953.jpg
c0112559_13484782.jpg
c0112559_13485436.jpg

by gipsypapa | 2012-07-23 13:49 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18259356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3740s at 2012-07-24 13:39
初めて、メール致します。

いつも、拝見させて頂きありがとうございます。

これから、京都シリーズとのこと。

ワクワク」 し、期待しております。 (感)

よろしくお願い致します。
Commented by gipsypapa at 2012-07-25 13:05
3740s さん
初めまして。
京都はいつでも行ける距離のため、
逆に見残しが多いところです。
この周辺は半日だけの散策だったので、
そんなに多くは見ていません。
3740s さんのブログを拝見しました。
東京駅の現状を知りたかったので、
見ることができてよかったです。
秋には完全オープンでしたっけ。
久しく東京は御無沙汰です。
近々もう一度見れるのを楽しみにしています。
お仕事が建築関係のようですが、
面白い物件があれば教えてください。
よろしくお願いします。
<< 京都のT邸 北海道開拓の村 旧平造材部飯場 >>