北海道開拓の村 旧岩間家農家住宅

c0112559_111257.jpg
 岩間家は旧仙台藩亘理領(宮城県亘理町)の士族移民団の一員として、明治4年(1871)2月に入植した畑作農家である。この建物は明治15年(1882)に郷里の大工によって建築され、構造・間取り共に仙台地方の特徴を受け継いでいる。旧領主が時おり立寄った由緒ある家である。

北海道開拓の村 旧岩間家農家住宅
1882(明治15)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 伊達市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1115026.jpg
c0112559_1113374.jpg
c0112559_112393.jpg
c0112559_111456.jpg
c0112559_1121527.jpg
c0112559_1122386.jpg
c0112559_112789.jpg
c0112559_1124779.jpg
c0112559_1123192.jpg

by gipsypapa | 2012-07-13 11:03 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18220470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北海道開拓の村 旧樋口家農家住宅 北海道開拓の村 旧山田家養蚕板... >>