北海道開拓の村 旧山田家養蚕板倉 & 旧河西家米倉

 今回も二つまとめて、小さな農家を紹介します。

旧山田家養蚕板倉

c0112559_105961.jpg
 開拓使は、屯田兵の授産事業として養蚕を奨励し、琴似兵村ではその成果が実って、屯田兵のなかに独自の養蚕施設を持つ人も現れた。この板倉は、屯田兵として入植した山田家のもので、草創期の暮らしぶりを伝える数少ない遺構の一つである。

北海道開拓の村 旧山田家養蚕板倉
1881(明治14)年ころ
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市西区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_107520.jpg
c0112559_1072728.jpg


旧河西家米倉

c0112559_1082897.jpg
 厚別地区での米作は、明治16年(1883)長野県からの移住者によって始められた。水田は付近の低湿地に造られ、明治20年代になり本格的に耕作されるようになった。この米倉は最初の移住者の一人である河西由蔵が建てたものを再現した。

北海道開拓の村 旧河西家米倉
1897(明治30)年ころ(再現)
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市厚別区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 農村群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_109731.jpg
c0112559_1091346.jpg

by gipsypapa | 2012-07-12 10:09 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18216274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北海道開拓の村 旧岩間家農家住宅 北海道開拓の村 旧龍雲寺 & ... >>