北海道開拓の村 旧札幌師範学校武道場

c0112559_1014247.jpg
 この建物は、北海道教育大学札幌校の前身である北海道札幌師範学校の武道場として昭和4年(1929)に建設された。入母屋造り、平入りの和風建築意匠を強調した木造平屋建ての建物で、剣道、柔道場として使用されたが、戦後昭和24年(1949)からは一時図書館、ついで第二体育館として利用された。

北海道開拓の村 旧札幌師範学校武道場
1929(昭和4)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_10151554.jpg
c0112559_1015222.jpg
c0112559_10152912.jpg
c0112559_10153532.jpg
c0112559_10154375.jpg
c0112559_10154099.jpg
c0112559_10155982.jpg
c0112559_10155687.jpg
c0112559_10161523.jpg
c0112559_1016254.jpg
c0112559_10162546.jpg

by gipsypapa | 2012-06-26 10:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18150538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-06-27 06:13
他の建物とは、
時代的な違いがあるためか、
少し雰囲気が異なりますね。
屋根の色のせいかもしれませんが。
胴着が干してありますが、
そこまでしなくても(笑)。
Commented by gipsypapa at 2012-06-27 11:38
j-garden-hirasato さん
寺院のような建物ですね。
胴着は匂ってきそう。(笑)
それより竹刀とか胴とかを置くのが普通の感覚なんですが。
<< 北海道開拓の村 旧土谷家はねだし 北海道開拓の村 旧札幌農学校寄宿舎 >>