北海道開拓の村 旧近藤医院

c0112559_13503313.jpg
 この建物は、明治33年(1900)に函館病院から古平病院長として招かれ同35年に古平町で開業した近藤清吉が建てた病院で、昭和33年(1958)まで使われた。石造2階建の倉は明治後期に建てられた文庫倉で、清吉の書庫及び研究室として使われた。

北海道開拓の村 旧近藤医院
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 古平郡古平町
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13511516.jpg
c0112559_1351227.jpg
c0112559_13512937.jpg
c0112559_13513545.jpg
c0112559_13514197.jpg
c0112559_13515097.jpg
c0112559_1351582.jpg
c0112559_13525100.jpg
c0112559_13521213.jpg
c0112559_13522199.jpg
c0112559_13522994.jpg
c0112559_1352239.jpg
c0112559_13523384.jpg

by gipsypapa | 2012-06-13 13:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18096667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-06-14 06:20
内部もリアルに再現されています。
さすがに、
手術台には人形がありませんね(笑)。
Commented by gipsypapa at 2012-06-14 10:59
j-garden-hirasato さん、
当時の雰囲気が再現されています。
人形がないのは私も同じことを思いました。(笑)
あったら怖いでしょうね。
<< 北海道開拓の村 旧近藤染舗 北海道開拓の村 旧武井商店酒造部 >>