北海道開拓の村 旧札幌警察署南一条巡査派出所

c0112559_13152631.jpg
 明治18年(1885)、札幌創成橋の脇に最初に建てられた交番は木造で、札幌創成橋交番所と呼ばれていた。同じ木造で一度改築されたが、その後個人の篤志寄付で建てかえられたのがこの建物である。壁のレンガは、小口面と長手面を交互に表して積むイギリス積み手法を用いている。

北海道開拓の村 旧札幌警察署南一条巡査派出所
1911(明治44)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_13161548.jpg
c0112559_13162315.jpg
c0112559_13163114.jpg
c0112559_13163834.jpg
c0112559_1316466.jpg

by gipsypapa | 2012-06-04 13:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18057084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-06-05 06:31
凝った交番ですね。
レンガだから、
なお更、そう感じます。
敬礼しているのも人形ですか?
でも、
人形ってどうでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2012-06-05 11:21
j-garden-hirasato さん
明治村にも煉瓦造りの交番がありました。
この種の博物館には人形を置いているところが多く、
ここもかなりありました。
場合によっては動くのもあります。
このような建物を展示している博物館では
私も違和感を感じます。
なお、敬礼しているのは生の人間です。(笑)
<< 北海道開拓の村 旧島歌郵便局 北海道開拓の村 旧北海中学校 >>