北海道開拓の村 旧開拓使工業局庁舎

c0112559_12575728.jpg
 明治6年(1873)に設置された開拓使工業局は、道路・橋梁・官庁・学校などの施設をはじめ、家財、機械・農具・車両などの製造事業を行い、本道開拓の発展に大きな業績を残した。この建物は明治初期の洋風事務所建築の特徴を示し、開拓使関係庁舎としては現存する唯一のものである。

北海道開拓の村 旧開拓使工業局庁舎
1877(明治10)年
設計 : 開拓使工業局営繕課
施工 : 不明
旧住所 : 札幌市中央区
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_12584462.jpg
c0112559_12585069.jpg
c0112559_12585737.jpg
c0112559_12592100.jpg
c0112559_12584553.jpg
c0112559_12591646.jpg
c0112559_12585918.jpg
c0112559_1259716.jpg
c0112559_12591442.jpg

by gipsypapa | 2012-06-01 12:59 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/18044279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2013-05-19 12:09
タイトル : 札幌の旧開拓使工業局庁舎を重要文化財に
文化審議会は17日、栃木県足利市の「鑁阿寺本堂」を国宝に、札幌市厚別区の「旧開拓使工業局庁舎」など9件の建造物を重要文化財(重文)に指定するよう下村博文文部科学相に答申した。近く正式登録される見通しで、道内の重文指定の建造物は26件になる。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2012-06-03 07:56
玄関の屋根の形とか、
窓枠や扉の色とか、
とても自己主張が強い建物ですね。
個人的には、好みです。
Commented by gipsypapa at 2012-06-03 20:31
j-garden-hirasato さん
かなり鮮やかな色使いをしていますね。
特に情報があるわけではありませんが、
白い外壁以外は
塗装色の選定は最近のものかもしれません。
小さいながらも雰囲気がありますね。
<< 北海道開拓の村 旧北海中学校 北海道開拓の村 旧小樽新聞社 >>