北海道大学農学部植物園 宮部金吾記念館

c0112559_135338.jpg
 北海道大学植物園の初代園長だった宮部金吾博士が、かつて教鞭をとっていた旧札幌農学校動植物講堂の東翼部を移築したものです。移築後は植物園の庁舎として利用されてきましたが、新管理棟が設置された後、遺族から寄贈を受け、「宮部金吾記念館」として宮部博士の遺品を展示する施設として活用されています。

 木造に白い漆喰塗の大壁と赤い鉄板葺き屋根の対比が明るい印象。入口は三角ペディメントがあり植物園内の建物の中でも出色の建物ということができます。

 設計は当時の文部大臣官房建築課札幌出張所に在籍し、後に有名な曽禰中條建築事務所を主宰した中條精一郎(ちゅうじょう せいいちろう、1868 -1936)。このブログでも数多くの作品を紹介しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

北海道大学農学部植物園 宮部金吾記念館
旧札幌農学校動植物学教室
登録有形文化財
1901(明治34)年 / 1942(昭和17)年移築
設計 : 中條精一郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 阿部幣治
札幌市中央区北3条西8 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1361790.jpg
c0112559_1362468.jpg
c0112559_136298.jpg
c0112559_1363573.jpg
c0112559_1361782.jpg
c0112559_1362547.jpg
c0112559_1363382.jpg
c0112559_1364458.jpg
c0112559_1371338.jpg
 北大植物園はこれで終わりです。このあと地下鉄で東の郊外へ向いました。
by gipsypapa | 2012-05-11 13:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17948101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-13 09:22
移築のためか、
これも「登録」ですね。
移築されてずいぶん経ちますが、
きれいに管理されています。
大学の建物って、
どうも管理されず、
ほったらかしのイメージが強いですが、
ここは違いますね。
Commented by gipsypapa at 2012-05-13 16:24
j-garden-hirasato さん
はい、明治34年なので、ほかの重文とひけをとらないし、
デザインも優れているのですが
植物園に最初からないためでしょうね。
ここはよく手入れされていて、
植物園の中では出色の建物です。
<< 三谷牧場牛舎・サイロ 北海道大学農学部植物園 博物館本館 >>