北海道大学農学部植物園 博物館事務所

c0112559_13122336.jpg
 煉瓦積みの基礎に下見板貼りの木造平屋建て。これも中條精一郎設計の重要文化財です。詳しくはプレートの解説をどうぞ。

北海道大学農学部植物園 博物館事務所
旧東北帝国大学農科大学植物園事務所
1901(明治34)年
重要文化財
設計 : 中條精一郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 森田宇吉郎
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_13125226.jpg
c0112559_13125240.jpg
c0112559_1313869.jpg
c0112559_1313658.jpg
c0112559_13132128.jpg
c0112559_1313308.jpg
c0112559_13133985.jpg

by gipsypapa | 2012-05-08 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17934254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kafe3232 at 2012-05-08 23:27
あの~~~・・・
北海道大学って、いくらほどこんな素敵な建物があるんでしょう・・・
それに、北海道に住んでいた・・・???
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-09 06:40
北海道って、
保守というより先進なイメージですが、
こういう古いものを残しているんですね。
それが、先進ということでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2012-05-09 12:59
kafe3232 さん、
住んでたのは九州ですたい。
北大は札幌編は見てしまいましたが
まだまだ北海道の地方にもあるようです。
Commented by gipsypapa at 2012-05-09 13:02
j-garden-hirasato さん、
先進のイメージがあるのは、
明治になって発展したからでしょうね。
さすがに和風建築は少ないです。
江戸時代は松前藩がこじんまりと
限られた地域しか治めてなかったし。
<< 北海道大学農学部植物園 バチェ... 北海道大学農学部植物園 博物館... >>