札幌の三誠ビル

c0112559_173491.jpg
 市電通沿いにある大正末期に建てられたテナントビル。オフィスやカフェ、古本屋などが入居する雑居ビルです。

 建物全体はシンプルな形状であずき色に塗られています。玄関は石造り風にデザインし重厚感を出しているクラシックな外観です。鉄筋コンクリート造りの事務所ビルとしては札幌市内で最古のものだとか。

 設計は大正8(1919)年に北海道帝国大学建築事務所長となり、医学部、工学部の創設工事を担当した田中豊太郎。札幌景観資産とさっぽろ・ふるさと文化百選の鉄筋コンクリート造り、3階建て。

三誠ビル
旧藪商事会社ビル
1924(大正13)年
札幌景観資産
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計 : 田中豊太郎
施工 : 川辺組
札幌市中央区南1条西13-317-2
撮影 : 2011.8.27
c0112559_17352951.jpg
c0112559_17353956.jpg
c0112559_1735506.jpg
c0112559_17355986.jpg
c0112559_1736795.jpg
c0112559_17361674.jpg
c0112559_17362542.jpg
 日当たりの加減によって外壁の色が違って見えます。
by gipsypapa | 2012-05-01 17:38 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17902712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 関根要太郎研究室@はこだて at 2012-05-12 18:18
タイトル : 北海道大学工学部旧校舎(大正モダン建築探訪・番外編)
◆北海道大学工学部旧校舎    ・・・・・一枚の古い絵葉書から  本日は前回の札幌市資料館(旧札幌控訴院)に引き続き、大正末に札幌に建設された建物を紹介してみようと思う。その建物とは大正12(1923)年暮れに竣工した、北海道大学・工学部の校舎だ。  そう言ってもこの北大の校舎、既に三十年ほど前に取り壊されている。しかし、この校舎の設計者である建築家の田中豊太郎(1870~1947)は、大正期から昭和のはじめ函館で活躍した建築家・関根要太郎(1889~1959)、建築家・木田保造(1...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-03 06:41
外壁のあずき色が印象的ですが、
建築当初から、
こんな色合いだったのでしょうか。
レンガ色を意識していたのであれば、
まあ、納得できますが。
Commented by gipsypapa at 2012-05-03 11:01
j-garden-hirasato さん
オリジナルの色については情報が見つかっていません。
時代的にレンガからコンクリート造りへの移行期ですから
レンガの色を意識した可能性もありますね。
Commented by ☆椅子 at 2012-05-06 20:13 x
こちらも営業時代に通いました。
当時は設計事務所が多数入居していたのです。
札幌最古の鉄筋コンクリート造りの事務所ビルだったんですね。
知りませんでした。

ちなみに私の住まいは札幌最古の分譲マンションです。
リフォームをして住んでおります。
当時はあこがれのマンションだったそうですが、現在は単なるオンボロマンションです。
Commented by gipsypapa at 2012-05-06 20:53
☆椅子 さん、
札幌最古のコンクリート造りのオフィスビルというのは
「札幌の建築探訪」という本から引用したのですが、
正確に言うと「現存する最古の」でした。
失礼しました。
お住まいが札幌最古の分譲マンション・・・
このブログの対象になりませんかねぇ。(笑)
Commented by sy-f_ha-ys at 2012-05-12 18:13
田中豊太郎さん、札幌に渡る前は駆け出しの建築家だった関根要太郎・山中節冶兄弟や、木田保造の面倒を見ていた方でして、この人たちの手記を読んでいると田中の名前がたびたび登場します。
あとその中で面白かったのが、大正の初めころ木田が函館で東本願寺別院を施工していた時、建設寄付が集まらないことに頭を抱えた木田が、田中を函館に呼び「あの人は東京から高利貸だ」と地元の人に言いふらし、同情の寄付を集めたとか。どこまでが真実だかわかりませんが(笑)、若手の建築家からはかなり頼られていた人のようです。
田中豊太郎が札幌に渡った時期は、この三人が北海道で活動し始めた頃ですので、そのような後輩たちの活躍に刺激されたのでしょうか。
見に行きたいと思いながらも、そのチャンスがなかなか無かった作品を紹介していただき、ありがとうございました。
Commented by gipsypapa at 2012-05-12 21:33
sy-f_ha-ys さん
もっともらしく田中豊太郎さんのことを書きましたが、
ネットで調べただけで詳しくは知りませんでした。
関根要太郎、山中節冶。木田保造という
そうそうたる建築家に関わりがあるとは
全く知りませんでした。
北海道の業界の絆でしょうか。面白い話ですよね。
それとTBしてもらった北海道大学工学部旧校舎は
三誠ビルから想像する田中豊太郎作品とは違った
素晴らしい校舎じゃないですか。
工学部の前を通りましたが、全く現代的な建物で、
これをなんとか残して欲しかった、と言っても遅すぎますが。
貴重な写真をありがとうございました。
<< 札幌市資料館 札幌の永井邸 >>