札幌の前邸

c0112559_1391514.jpg
 引き続き「札幌の建築探訪」掲載物件。この一帯は、もともとは屯田兵の射的場で、昭和4(1929)年ころから花卉(かき)大正園によって分譲された「伏見花園街」と呼ばれた郊外住宅地だったところとか。この住宅はその中でも最初期のもので、昭和7年に建設されて以来、ほとんど手を加えられることなく現在にいたっているそうです。設計者は大工の棟梁ですが、名前はわかりませんでした。

 門に向って中央に傾斜のきつい切妻部分を見せ、黒い下見板貼りの外壁に白い木の窓枠がある出窓と煉瓦造りの煙突を持つ典型的な北国の洋館です。木造平屋、一部2階建て。

前邸
1932(昭和7)年
設計・施工 : 不明
札幌市中央区南15条西17-4-37
撮影 : 2011.8.26
c0112559_13101422.jpg
c0112559_13101361.jpg
c0112559_13102848.jpg
c0112559_13103598.jpg
c0112559_13104696.jpg
c0112559_13105594.jpg
c0112559_13105631.jpg
c0112559_1311535.jpg

by gipsypapa | 2012-04-24 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17869255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 札幌南15条のO邸 札幌の宮本邸 >>