札幌の宮本邸

c0112559_13105530.jpg
 この住宅も「札幌の建築探訪」掲載物件。栗谷川邸と同時期の築ですが、こちらは昭和初期を感じさせるレトロな和洋折衷のデザインです。

 寄せ棟屋根の和風の2階の前面にモルタル吹きつけのドイツ壁の洋間を突き出した面白い形をしています。1階は白い下見板貼りで、1階の屋根に立つ煙突も見どころです。木造2階建て。

宮本邸
1932(昭和7)年
設計・施工 : 不明
札幌市中央区南13条西17-2-23
撮影 : 2011.8.26
c0112559_13112932.jpg
c0112559_13113736.jpg
c0112559_13114527.jpg
c0112559_13115317.jpg
c0112559_1312196.jpg
c0112559_13121241.jpg
c0112559_13122182.jpg

by gipsypapa | 2012-04-23 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17864532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-24 06:35
個人宅が続いていますが、
どのお宅も、
昭和初期に建てられたとは思えないほど、
状態がよく保存されていますね。
現役で使い続けられているからでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2012-04-24 13:09
j-garden-hirasato さん、
都市によってはこの時代の住宅は
建て替えられているのがほとんどですが、
札幌は比較的よく残っていてうれしいです。
もう少し住宅が続きます。
<< 札幌の前邸 札幌の栗谷川邸 >>